芸能

素人かよ!元猿岩石・森脇和成の退屈すぎるブログに失笑の嵐

20151223moriwaki

 数々のバラエティ番組出演を経て、ついに芸能界復帰を果たした、元猿岩石の森脇和成。元相方である有吉弘行からは完全無視を決め込まれ、いまだ共演は果たされず。かつての芸人仲間たちからも苦言を呈され、厳しい状況が続いている。

 復帰直後よりメディア出演が減った彼の姿を唯一見ることができるのが、10月に開設された「森脇和成によるブログ」であるが、これについてお笑い関係者が有吉の代わりにこう毒づく。

「仕事の話がほとんどなく、『今日はこれを食べました!』というラーメンやお好み焼きの画像ばかりで、元芸人とは思えない面白さのかけらもないブログです。ネット上では『大学生のフェイスブックかよ!』と失笑の嵐ですよ。同じ一発屋芸人の波田陽区は、人気が失速した後も2つのブログを書き続け、“ユーチューバー”としてネタ動画をアップしたり、ガリガリガリクソンは私物のヤフオク出品などファンを巻き込んだ完成度の高いブログが面白いと人気を盛り返している。森脇には芸能界復帰のチャンスをもらったのに、もう一度お笑いの世界で頑張ろうという気持ちがカケラも見られませんね」

 猿岩石のファンクラブにも入っていたという女性も呆れ顔で語る。

「有吉さんは売れなくなった後も唯一残っていたファンクラブの会員に私物を高値で売るなどして体を張っていましたが、森脇さんはさっさと実業家に転身したため、裏切られたショックは大きかったです。猿岩石の全盛期を知っているだけに、現在の状況にはガッカリです」

 前出のお笑い関係者は「猿岩石時代から二人の力量の差は段違いだった」と言って、こう続ける。

「番組で今田耕司や東野幸治といったそうそうたる面々に挟まれ、有吉が今田に髪の毛をわし掴みにされたことがあった。先輩相手に生意気な発言をぶちかます有吉を尻目に、森脇は気の利いたコメントも言えずオロオロするばかり。その動画がネットユーザーにより掘り起こされ、あらためて有吉との実力の違いが浮き彫りになりました」

 有吉を食っていくぐらいの心意気を見せないと、芸人としての生き残りは難しそうだ。

(佐藤ちひろ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
4
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ
5
本田真凜、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!