スポーツ

これを知らなきゃ馬券は取れない特捜”裏”データ「武豊が逃げの名手に?」

20151112o

 6年ぶりに年間100勝を達成しそうな武豊(46)にも注意が必要だ。実は今年、逃げて最も好成績を収めている騎手が武なのである。159回の連対のうち28回が逃げてのもの(10月25日現在)。このような騎手は他にいない。以前は「タメ殺しの豊」と揶揄されていたのがウソのようだ。この変わりようについて、競馬ライター・兜志郎氏は次のように称賛するのだ。

「もともと武はスタートセンスが抜群で、エイシンヒカリのようなハナッ早い馬に乗る時は逃げの手に出ていた。だから逃げが増えたことにことさら驚いたりはしません。ただ、この積極的な騎乗の裏には、間違いなく外国人騎手への強い対抗心がうかがえます。いかにも負けず嫌いの武らしい。こうした気持ちがあるかぎり、彼はまだまだトップジョッキーとしてやっていけると思いますね」

 ちなみに武の騎乗馬については、担当エージェントの平林雅芳氏が東京スポーツ紙上で毎週末にコメントを出している。予想入りなので、参考にしてみるのも悪くないだろう。

 競馬ファンにとっては、種牡馬の名前も重要な要素。例えば中山の芝2500メートルならばステイゴールドの子を狙うのは定石とされる。あるいはダート戦ならサウスヴィグラス、プリサイスエンド、クロフネ、ゴールドアリュールという名前がすぐに浮かぶだろう。

 オススメは、産駒を出して3年目になるパイロ。この産駒を見たら、黙って買っておきたい。それぐらいお得感のある種牡馬だ。何しろ勝ち馬率3割を超えているにもかかわらず、いまだに注目度が低く、馬券的妙味十分なのだから。

 例えば10月10日の京都・新馬ダート1400メートルでは4番人気のオーマイガイが、翌日の東京・新馬ダート1600メートルでは11番人気のサンへレナが勝っている。サンヘレナの時は2着に1番人気のアジュールローズが入りながら、馬連1万8530円、馬単5万1150円の高配当だった。専門紙トラックマンが語る。

「新馬戦に良績があるように、仕上がり早で、追い出してグングン加速がつくことが特徴です。ダートの短距離タイプと見られていますが、距離も1800メートルまでなら問題ないでしょう。中にはシゲルカガ(牡4歳オープン)やメイショウスイヅキ(牝2歳オープン)のように、芝をこなせる馬もいる。パイロ自体、手先が軽く切れ味のある馬だったので、配合によっては芝で走れる馬も出るのです」

 注目馬を一頭あげておこう。牡2歳の1勝馬クインズサターンだ。その末脚にほれ込んだ岩田康誠(41)が「未完成だが、将来はダートで大きなところを狙える馬」と語っている。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
櫻井翔が披露した「嵐グループメール」のレスの速さにファン驚嘆!
2
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
3
注目はF胸だけじゃない!土屋太鳳、同性人気も集めた“開き直り肌見せ戦略”
4
フリー転身も間近?TBS宇垣美里、先輩・田中みな実を超えた「名艶技」!
5
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”