社会

習近平・朴槿恵 羊の皮に隠したオオカミ野望を暴く!「経済は中国、軍事はアメリカ」

20151119l3rd

 日韓首脳会談後は、共同記者会見や共同文書の発表もなかった。

「昼前に会談が終わり、日本の関係者の間では、『サプライズで昼食を用意していたら、韓国を見直すんだけど』と話していました。でも、やっぱり用意されておらず、安倍総理は苦笑いしていました」(総理側近)

 元時事通信ソウル特派員で、「悪韓論」(新潮新書)の室谷克実氏は初会談についてこう評価する。

「反日姿勢が相変わらずであることがわかった。今回の会談で朴大統領の支持率が上がっても、当面は大きな外交日程はありません。国内では、大統領が歴史教科書の国定化を進め、反対する世論が盛り上がっています。若年失業者問題など課題が山積みで、支持率は徐々に下がるでしょう」

 帰国後、安倍総理は出演したテレビ番組で慰安婦問題について、

「互いに合意すれば、その後はこの問題は再び提議しないということ」

「ここで終わったと思ったけれども、また政権が代わるたびに提議をされることがないように」

 と発言。韓国を牽制するのだった。

 また、中国同様、韓国も経済で大きな問題に直面している。10月5日、日米が主導となって、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)交渉が大筋合意。参加12カ国のGDP(国内総生産)合計が、世界の40%を占める大型経済圏ができる運びとなった。輸出競争力で日本より劣勢に立たされることに気がついた韓国は、翌日の国会の委員会で、崔ギョン煥(ギョンの字は日の下に火)経済副首相兼企画財政相が、「(TPPに)参加する方向で検討する」と突然言いだしたのだ。前出・室谷氏はこうアキれる。

「実際に参加するとなったら、国内は農水産品や自動車(部品含む)の扱いなどで大揉め状態になります。10月16日にホワイトハウスで開かれた米韓首脳会談で、TPPは議題から外された。米国から本気で参加できると思われていないのでしょう」

 この米韓首脳会談では、朴大統領が「板挟み」になっていることも明らかになった。オバマ大統領から中国が国際規範に反する行動を取った場合は、一緒に足並みをそろえるように迫られていたのだ。

「韓国は経済は中国、軍事防衛はアメリカと組む方針です。『南シナ海問題』のように中国とアメリカが対立すると、関係悪化を恐れてどちらにもいい顔をしようとして、結局、黙ってしまうのです」(近藤大介氏)

 その結果、3カ国首脳会談でも、「南シナ海問題」について、朴大統領が言及することはなかった。

「あまり朴大統領を追い込むと、何を言い始めるのかわかりません。日本としては不用意な発言を避けて、慎重につきあっていくべきでしょう」(東京新聞編集委員・五味洋治氏)

 しばらくは、中韓両国の不毛な「反日」に心を乱されずには済みそう。だが、一見おとなしかった会談の先には、まだまだ両国の日本に対する「クレクレ攻勢」が控えている情勢なのである。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石橋貴明もショック?「細かすぎモノマネ」に木梨憲武が出演しない理由
2
松本人志、BTS原爆Tシャツ問題に“号泣マジギレ”も十分ありえた「過去言動」!
3
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…
4
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
5
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(1)期待されていた有働由美子だったが…