スポーツ

ドジャース・前田健太 “買い叩き入団”までの交渉全容(1)「右肘への懸念が契約内容に影響?」

20160128p1st

 訴え続けてきたポスティングでのメジャー行きをようやく球団に認められ、晴れてドジャース入団。ついに夢がかなった日本球界屈指の右腕は、さぞかしニコニコのはず──。いや、実は海を渡る隠密交渉では、とんだトラブルの連打を浴びていたのだった。

 1月8日、ロサンゼルスで行われたドジャース入団会見。広島からポスティング制度でメジャー入りした前田健太(27)は冒頭で「身体検査でイレギュラーな点がありました」と告白。日米の記者からどよめきが起こると同時に、故障疑惑個所に関しての質問が殺到した。それもそうだろう。マエケンの契約は、米国メディアが「奇妙だ」「屈辱的」「買い叩き」と評するほど異例のものだったからだ。

 8年契約で総額2500万ドル(約29億5000万円)。基本年俸は広島時代の3億円とそう大きくは変わらない3億6900万円という「格安料金」で、メジャー平均年俸より低い。逆に最大8150万ドル(約96億円)ものインセンティブ(出来高払い)がついている超成果主義契約だ。約24億円のポスティング入札額と合わせると、最大で約125億円の大型契約となるが、この手の格安契約に付き物の「3~4年経過すれば契約を破棄することができ、FAとなる」という途中解約権も付帯されていない。8年間の長期にわたって、球団有利の契約形態で拘束されることになったのである。当初、5年100億円は下らないとされたマエケンの値段は、なぜこうも下落したのか。異例の契約に至った背景を、現地のメジャー関係者はこう説明する。

「前田はロス入りすると、身体検査の結果を各球団に提出しました。5人の医師の診察を受けたのですが、肩、肘の靭帯の異常発生が指摘されていた。勤続疲労により靭帯が伸びている状態で、いずれ損傷にまで至るだろう、との所見だったそうです。これで手を引く球団が続出。ドジャースさえも一時、撤退を考えたといいます。しかし前田が、『たとえどんなに条件が悪くても、メジャーに行きたい』と代理人に伝えた。そこでドジャースと再交渉しましたが、ヤリ手のGMにまんまとハメられました。ドジャース側は『数年後に手術をすることになるだろうが、3~4年働いてくれれば元を取れる』と踏んだのです」

 ドジャースのアンドリュー・フリードマンGMは、かつて最弱だったレイズを強豪チームに変貌させた、史上最高の敏腕GMと評される人物。この編成トップが、球団側にリスクのないインセンティブ重視型の契約を考え、提案したのである。

 一度は合意した岩隈久志との契約を、右肘への懸念を理由に破談にしたほど身体検査に厳しいドジャースが、肘と肩の異常がわかっていながらマエケンとの交渉テーブルに着いたことには、ドジャース側ののっぴきならない事情もあったという。

「オフの補強でヘタを打ち続け、困っていたんです。昨年19勝のエース、ザック・グリンキーの再契約に失敗。メジャー最高年俸の6年2億ドル(約236億円)でダイヤモンドバックス奪われ、その穴埋め補強をしなければならなかったのですが、岩隈との交渉が破談になった」(前出・メジャー関係者)

 慌ててスコット・カズミアーをFA市場で獲得したものの、ローテーション投手は全員左投げで、右が1人もいなかったのだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川藤幸三が阪神×ヤクルト戦解説「実況アナをブチ切れ恫喝」に退場勧告
2
ベルーナドームは過酷すぎる…西武「札幌移転」再燃で「ゼロからチームを作り直せ」ファンの懇願
3
救急車出動!広島マツダスタジアム「球場観戦離れ」が進む「地獄のデーゲーム」
4
西武が狙う「3度目の駆け込みトレード」高レベルの投手をヤクルトに放出して打てる野手を…
5
大宮アルディージャから「バロンドール」候補入りか!J3独走でアンチだらけのFW杉本健勇がついに覚醒