スポーツ

ミスター・ダービー“橋口弘次郎”調教師が引退直前激白!(2)ダービー初制覇祝賀会で涙がこぼれた

20160225bb

 90年のダービー初挑戦から苦節24年。ついに大願成就となるが、その目に涙はなかった。

 だが、ダービー初制覇から2カ月後の14年7月28日、故郷で開かれた祝賀会のために帰郷した時は、涙がとめどなくこぼれた。

「いや、あれは泣きますわ。空港から出迎えの車に乗って(実家に)向かう途中から、祝いの立派な看板がいくつも立ってて感激しました。到着前から涙が出てね、車から降りるや花火が打ち上げられて、近所のおじさんやおばさんが20人か30人ぐらいで出迎えてくれた。みんな親のようなものですよ。田舎はそういうもので、『弘次郎ちゃん、よかったね』って。もう声にならなかった。涙が止まらんかった」

 祝賀会には友人や知人ら160人以上が集まった。

「競馬人生の集大成となる結果が出て、これ以上ない幸せです」と壇上で報告する目にも涙が光った。

 めったなことでは泣かないという橋口師だったが、一枚のツーショット写真を取り出しながら意外なエピソードを明かしてくれた。

「長嶋茂雄さんの引退式はテレビの前で泣きましたよ(笑)。昔から巨人ファンです。宮崎はキャンプ地ですからね。職業柄、多くの方々にお目にかかりましたが、オーラを感じたのは長嶋さんだけ。この写真は宝物の一つです」

 甲子園での巨人戦のラジオ中継にゲスト出演した時には、こんなこともあった。

「ゴルフ仲間の長池徳士さん(元阪急)が解説者という縁で誘われたんです。ドバイシーマクラシック(GI)をハーツクライで勝ったあとだったので、よく覚えてますよ。06年5月4日で、(巨人が)サヨナラ負け。打球が三塁ベースに当たってレフト前に転がってね。(悔しいので)『競馬なら同着みたいなものですね』と、負け惜しみのコメントをしました」

 その年のドバイには日本勢が9頭参戦。ハーツクライとともに、ゴドルフィンマイル(GII)に出走したユートピアも圧勝劇を演じる。同時に、これが日本調教馬による海外ダート重賞初制覇だった。

 数々の勝利を振り返ると、節目の勝負強さが際立つばかりだ。

「(吉永猛厩舎所属の)厩務員の時は、最初に担当したサーフィンが未勝利戦で(自分にとっての)初出走戦で勝ってくれて、調教師としては、ハクサンレンポーが初出走初勝利でした。運がよかった」

 橋口厩舎が飛躍するきっかけとなった秋の天皇賞馬・レッツゴーターキンにしても、生産者最大手の社台グループから預かった最初の牡馬だった。

「あの馬が結果を出していなければ、ダンスインザダークと出会えなかったかもしれない」

 牧場時代、気性の悪さで定評のあったレッツゴーターキン。その馬でGI勝利したこともあり、橋口厩舎に大種牡馬サンデーサイレンス産駒の高額な有力馬たちが委託されるようになる。ダービーこそ2着も、菊花賞馬となったダンスインザダークは種牡馬になり、ザッツザプレンティを輩出。橋口厩舎で親子2代の菊花賞馬となる。同時にサンデーサイレンスの孫による初のGI勝利であった。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
櫻井翔が披露した「嵐グループメール」のレスの速さにファン驚嘆!
2
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
3
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…
4
注目はF胸だけじゃない!土屋太鳳、同性人気も集めた“開き直り肌見せ戦略”
5
フリー転身も間近?TBS宇垣美里、先輩・田中みな実を超えた「名艶技」!