芸能

高橋真麻が爆笑を呼んだ「ナカイの窓」で“空気”と化したあの元女子アナ

20160307takahashi

 3月2日に放送された「ナカイの窓」(日本テレビ系)の「元局アナSP」に、各局の元アナウンサーが出演。元フジテレビの高橋真麻らが現役時代のエピソードを明かして爆笑を呼ぶなか、まるで空気のような存在だった元女子アナがいたと指摘するのはテレビ誌のライターだ。

「それは元TBSの渡辺真理です。彼女は『クイズダービー』や『スーパーサッカー』などを歴任し、フリー転向後も『ニュースステーション』(テレビ朝日系)などの人気番組に出演していましたが、今回の放送では発言の機会がごくわずか。そもそも番組で使えるような面白いコメントがなかったのかもしれません。業界では“おやじキラー”として知られていましたが、同番組では司会の中居正広すら自分より年下ですし、媚びる相手がいなくてやりづらかったんでしょうかね」

 放送では元日本テレビの上田まりえが現役当時に被り物で有名だったことや、俳優の高橋英樹を父に持つ高橋のコネ疑惑などを紹介。林昌範投手(横浜)と結婚した元テレビ東京の亀井京子に対しては、中居が「野球選手目当てだったんでしょ?」とツッコミを入れ、同番組らしい悪ノリを見せていた。だが渡辺に関してはこれといったツッコミもなく、むしろスルーされているような空気だったのである。そんな渡辺についてテレビ誌のライターが続ける。

「クォーター風の美人なうえに人気番組も数多く担当していた渡辺は、プライドの高さで有名でした。目上の人や芸能人にはニコヤカなのに、番組スタッフなどに対しては挨拶すらしないことも。意に沿わない発言やツッコミには露骨にイヤな顔をするなど、バブル期入社ならではの使いづらさを露呈していました。それこそ自分の失敗をネタにした面白エピソードなどは絶対に出てこないタイプですし、その意味では人選ミスだったと言えそうです」

 今回の放送でも他の女子アナが自虐ネタで場を盛り上げるのに対し、そんな後輩たちを上から目線で俯瞰している様子が垣間見られた。だが多くの視聴者には渡辺こそが空気のように映っていたのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!
5
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!