スポーツ

プロ野球「セ・パ交流戦を10倍楽しめる」ベンチ裏“秘”ガイド(1)巨人が日ハム・斎藤に興味を持っている?

20160609b

 嵐の予感が漂う中、今季もプロ野球はセ・パ交流戦が開幕した。6月19日まで各チーム計18試合ずつを戦うが、さまざまな“爆弾”が一気に暴発しそうな危険性が高まっているのだ。はたして、何が水面下で起こっているのか──。主要チームの裏事情に迫ってみた。

 毎年のように、交流戦を契機にガラリとムードが変わるチームが出る。巨人は開幕から順調に首位街道を快走していたが、5月中旬から急失速。一転してリーグ戦で苦しい戦いを強いられている。まさに交流戦で何とかチーム全体の建て直しを図りたいところだ。

 フロントはパ球団と対峙する機会をチャンスと捉え、相手球団の幹部らと直接話し合ったうえでトレードの商談を持ちかけるなど、積極的な戦力補強も行いたい構えだという。

 何より、エース・菅野智之(26)以外は計算が立たない。先発、リリーフ陣の“投壊”を立て直すのが急務だが、驚くことに、“あの男”に照準を定め、一気に交流戦で話を進めるつもりというではないか。そのターゲットこそ、日本ハムの斎藤佑樹(27)である。

 プロ6年目を迎えた“ハンカチ王子”だが、一向に芽が出ず、今季は中継ぎ起用で細々と一軍メンバーに名を連ねている。それでも巨人が欲しがるのは──。

「よくも悪くも斎藤について報じる記事がネット上にアップされると、アクセス数が跳ね上がるんです。親会社がメディアの巨人にとって、この人気面は魅力的でしょう。それに斎藤だって心機一転すれば、プロ入り後は出し切れていない実力を発揮するかもしれない」(スポーツ紙デスク)

 巨人と日ハムといえば、今季も含め、これまで友好的にトレードを繰り返してきたが、さすがに日ハム側がすんなり斎藤を手放すことはなさそうだ。監督就任以来、斎藤を溺愛する栗山英樹監督(55)の様子からも容易に想像がつく。

 そこで一部では、トレード要員として、斎藤とは不釣り合いなほど大物の内海哲也(34)の名前がささやかれているという。

「先発不足のために昇格した一軍復帰後も低調続きのベテラン左腕については、高橋由伸監督(41)のコメントも歯切れが悪く、正直、現場は多くを期待していないようです。とはいえチームの功労者ですから、むげにはできません。本人が進退を決断するのを待っているのでしょうが、内海の復活にかける意気込みが上回れば、環境を変えることを建て前として放出しようという意見があると‥‥」(球界関係者)

 さて、その巨人はもう一つキナ臭い話題を抱え込んでいる。一部の取材メディアと巨人側に“冷戦”が勃発しているのだ。巨人番記者は、声を潜めながらこう話す。

「例の“野球賭博問題”で逮捕された笠原将生被告(25)と、『B氏』こと斉藤聡被告(38)から逮捕前に情報提供を受けたり、両容疑者のインタビューを自社の媒体で行った某社に巨人側が現場で相当なニラミを利かせている。その社は別の爆弾ネタを報じようとしていたフシもあって、今も巨人側はかなり神経をとがらせています。高橋監督も、同社の記者からの質問には不機嫌そうな表情を浮かべるぐらいです。取材現場では『何かの“弾み”で交流戦期間中にでも、巨人側から出入り禁止を通達されるんじゃないか』との噂まで流れています」

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
艶ビデオ出演芸能人の「感度」!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(4)
2
渡部建、「ガキ使」放送前に「『ワイドナショー』で謝罪」の“衝撃予測”急浮上!
3
“土手スジ”が映った!?阿部華也子、スキャンダル危機も放送事故でファン激増!
4
吉高由里子「褐色突起」が硬化!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(2)
5
二階堂ふみが「20秒愛撫」で魅せた!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(1)