スポーツ

競馬界2016年上半期「ビックリ事件」をスッパ抜く!(2)初のドーピング違反者が出た

20160707f

 この警察ざたに対応したのは、鮫島の所属先の浅見秀一調教師である。

「未成年の飲酒ということで、すぐにJRA関係者へ謝罪を入れ、可能なかぎり、その週の騎乗をキャンセルさせて、謹慎させた。本人も丸坊主になるなど、師匠が厳しい姿勢を示したことで、大事に至らずに済んだものでした。もちろん、酒を飲ませた騎手らもJRAから注意を受け、反省していました」(厩者関係者)

 鮫島は3週間、騎乗を自粛したのだが、浅見師は今も怒っているという。

 若手騎手の育成に尽力する調教師たちにとっては実に嘆かわしい事態だが、中堅騎手の問題行動を指摘する声も多々聞こえてくる。競馬ライターが苦笑する。

「西なら松田、東なら吉田隼人(32)ですかね。どちらもローカルで培った技量の持ち主だけに、若手からの評判を聞いてガッカリさせられました。まず、松田は若手を理不尽に叱っている。菱田裕二(23)や若松風馬(20)と乗り合わせたレースで、彼らが逃げ馬を追走しながら捕まえにいかないと、『どこに目をつけてるんだ!』『ペースを考えろ!』とどなっていました。松田は彼らの後ろにいて、追い込みが届かなかったんですが、要するに、自分の都合のいい展開にならなかったため、好きなように逃げさせるな、と言いたかったわけです」

 昨年の有馬記念でGIジョッキーの仲間入りを果たした吉田も、人望に欠けるキライがあるらしく、

「若手に合コンを依頼しながら、好みの子がいないと不機嫌になって帰る。自分が主催した宴席でも、場の雰囲気が盛り上がらないと、金も払わないで消えていく。もちろん、若手から騎乗アドバイスを請われても、調教師でもそばにいないかぎり、ほとんど応じません。まぁ、それも裏を返せば、有能な外国人騎手の襲来によって勝ち星を食われ、自分の身を守ることで精いっぱいだから、という側面もあるわけですが‥‥」(競馬サークル関係者)

 JRA所属となったM・デムーロ(37)とC・ルメール(37)がリーディング上位をひた走る現状に加え、「黒船襲来」と例えられるように、短期免許で来日する外国人騎手がもてはやされる傾向が強まっている。

 その外国人騎手の短期免許制度の見直しが、5月17日にJRAから発表された。スポーツ紙デスクが言う。

「簡単に言えば、交付の際の成績基準などの条件が厳しくなり、時期によっては来日の人数が減ることになるでしょう。最大の理由は、2月6日のドーピング検査で、L・コントレラス(29)の尿から禁止薬物のオキシコドンが検出されたことです。オキシコドンは日本で麻薬指定されている。03年にドーピング検査がスタートして以来、初の違反者が生まれたことで、今後は全騎手に対し、(JRAは)検査強化を図るそうです」

 JRAはコントレラスに対し、今後5年間、免許を交付しないことを明らかにしている。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
誰トク?MAXのLINA、「14歳で30歳の男と交際」告白に、厳しい声殺到
2
「後ろから突きたい!」岡副麻希、猫伸びポーズにまたも妄想爆発の声殺到!
3
岡田奈々を襲った暴漢を塀の中で制裁!安部譲二が遺した怒りと男の純情
4
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(4)大量の“潮”まで見せた清水美沙の女優魂
5
松本人志は許すのか?「ガキ使」霜降りせいやの七変化に批判殺到のワケ