芸能

来日50周年で関係者が明かす「ビートルズ」武道館ライブ熱狂の舞台裏(1)前座は前座のみの集団行動

20160707p

 その日、耳をつんざく歓声とともに、日本の音楽史が大きく変わった──。66年6月30日より3日間にわたって開催された「ザ・ビートルズ」の日本武道館公演のことである。あれから半世紀を迎え、衝撃は今なお消えない。日本人側として共演した2人が“俺だけが知る秘話”を初めて語った。

「ビートルズが羽田空港に降り立って、そこから東京ヒルトンホテルまで高速道路で移動。その間、一切の車を入れないで道を封鎖したというんだから、エリザベス女王並みの国賓待遇だったね」

 歌手の尾藤イサオ(72)は、今から50年前の驚きを昨日のことのように思い出す。62年にデビューしたザ・ビートルズは、瞬く間に世界中の若者の心をつかみ、チャートの上位を独占する。

 そして66年、ついに来日公演が決まり、会場は日本武道館と発表。武道の聖地で初めて開くロックコンサートということもあり、その警備は今では考えられないほど厳重だった。警官と機動隊員合わせて1700人、装甲車40台、ジープとパトカーを70台導入して武道館を取り囲んだ。

 尾藤は、内田裕也、ザ・ドリフターズ、ジャッキー吉川とブルー・コメッツらと「前座」を担当するメンバーに選ばれた。

「実は彼らがデビューした時、あのマッシュルームカットも曲調も甘ったるく思えて、あんまり好きじゃなかったんだ。俺は“和製エルビス・プレスリー”と呼ばれてリーゼントにしていたから、彼らはひ弱な感じに見えた」

 ビートルズの来日まで、日本の音楽シーンは「ロカビリー」が全盛を誇っていた。尾藤もその中心的な存在だったが、この年を境に勢力図が一変。ソロ歌手よりも、ビートルズに憧れたバンドが続々と誕生し、それは「グループサウンズ(GS)」というブームにつながる。

 ブルー・コメッツの若きギタリストだった三原綱木(70)は、レコード大賞に輝いた「ブルー・シャトウ」などでGSブームを牽引した1人だ。

「ブルコメとザ・スパイダースが先にデビューしていて、その頃はGSなんて言葉はなく、ビートルズの来日以降にバンドが次々とデビューしてから、そう呼ばれるようになったね」

 三原らブルコメは、尾藤のバックバンドとして武道館の前座を務める。あのビートルズの前座を務めるということに、三原は身震いがする思いだった。

「彼らと一緒にステージに上がるわけではなく、前座は前座のみの集団行動。ステージに出る時も、全ての前座が終わって楽屋に戻る時も、ビートルズの影さえも見えなかった。それでも、同じ場所にいられることはうれしかったね」

 三原は、1度もビートルズの演奏を聴くことはなかった。現在と違って楽屋にモニターもなく、前座終了後にステージに近づくことは厳禁。それでも、1カ所だけわずかな“抜け道”があったという。

「武道館のトイレの上にある小さなスピーカーから、彼らの演奏がかすかに聴こえてきたんだよ。テープレコーダーを近づけて、その音を録音したことを覚えているね」

 尾藤も出番を終えて楽屋に戻ったが、そこで異様な気配を感じた。

「楽屋に音は聴こえてこないけど、それでも、1万人の大観衆で会場が揺れていることはわかったよ」

 全てが日本で初めて味わうことだった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
2
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
3
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
4
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること