芸能

人気既婚女子アナの「妊活ライフ」を徹底比較!(2)フジ・大島由香里アナが乗り越えなければならない壁とは?

20160811c

 生野アナとは対照的に「子作りモード」に突入したのが、今年2月に元フィギュアスケート選手の小塚崇彦(27)と結婚した大島由香里アナ(32)だ。

「現在のレギュラーは週1本のみ。長らく『ニュースJAPAN』のキャスターを担当していたこともあって、結婚後の勤務シフトはかなりユルい。恐らく大島アナの妊活を考慮しての優遇措置でしょう」(フジテレビ関係者)

 しかし大島・小塚夫妻には、乗り越えなければならない“遠距離の壁”があった。

「小塚さんは現役引退後、所属していたトヨタで社員として働いています。勤務地は名古屋。つまり2人は別居婚状態。そのため、大島アナは毎週のように名古屋に通って、夫婦愛を確かめ合っているそうです。日曜の朝に生番組を持っている関係で、一緒に過ごせる時間は限られているようですが‥‥」(前出・フジテレビ関係者)

 他局に目を移せば、昨年3月に結婚したテレビ朝日の下平さやかアナ(43)も正念場を迎えている。夫は巨人軍の現選手会長・長野久義(31)だ。

「12歳差という年齢の開きもあって、長野さんの実家は結婚に猛反対していたそうです。それでも結婚を認めてくれた恩義に報いるためにも、下平さんとしては早く孫の顔を見せてあげたい気持ちがあるはず。巨人の試合がない日はなるべく仕事を入れないなど、2人きりの時間を大切にしていますよ」(テレ朝関係者)

 結婚4年目に突入した日本テレビの小熊美香アナ(30)にも、周囲から期待が寄せられている。女子アナウオッチャーの丸山大次郎氏が語る。

「小熊アナといえばニュース原稿がしっかりと読めて、しかもタイトな衣装も着こなせる抜群のスタイル。日テレのエース候補の一人でした。そんな彼女も結婚後は、ゆったりした服ばかり着るようになって、ボディラインの露出も控えめに。そのため、顔つきがふっくらするたびに妊娠説が流れました」

 現在レギュラー出演中の情報番組「ZIP!」では、こんなハプニングでスタッフをドギマギさせた。

「人気モデルがVTRで体を引き締めるエクササイズを紹介したのですが、スタジオにいる小熊アナもそれにならってお尻を突き出すポーズを披露。結婚してさらに丸みを帯びた安産型ヒップを突き出すしぐさから、ついついエッチをオネダリする姿を想像してしまいました」(番組関係者)

 あとは吉報を待つばかりのようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
2
「アイ・アム・冒険少年」露骨過ぎる“Snow Man推し”が大不評!
3
リモコンみたいに自由にできる?阿部華也子、「癒やされ動画」にファン妄想!
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
竹内涼真、三吉彩花との「交際」報道に「手越と一緒!」批判のワケ