芸能

人気既婚女子アナの「妊活ライフ」を徹底比較!(2)フジ・大島由香里アナが乗り越えなければならない壁とは?

20160811c

 生野アナとは対照的に「子作りモード」に突入したのが、今年2月に元フィギュアスケート選手の小塚崇彦(27)と結婚した大島由香里アナ(32)だ。

「現在のレギュラーは週1本のみ。長らく『ニュースJAPAN』のキャスターを担当していたこともあって、結婚後の勤務シフトはかなりユルい。恐らく大島アナの妊活を考慮しての優遇措置でしょう」(フジテレビ関係者)

 しかし大島・小塚夫妻には、乗り越えなければならない“遠距離の壁”があった。

「小塚さんは現役引退後、所属していたトヨタで社員として働いています。勤務地は名古屋。つまり2人は別居婚状態。そのため、大島アナは毎週のように名古屋に通って、夫婦愛を確かめ合っているそうです。日曜の朝に生番組を持っている関係で、一緒に過ごせる時間は限られているようですが‥‥」(前出・フジテレビ関係者)

 他局に目を移せば、昨年3月に結婚したテレビ朝日の下平さやかアナ(43)も正念場を迎えている。夫は巨人軍の現選手会長・長野久義(31)だ。

「12歳差という年齢の開きもあって、長野さんの実家は結婚に猛反対していたそうです。それでも結婚を認めてくれた恩義に報いるためにも、下平さんとしては早く孫の顔を見せてあげたい気持ちがあるはず。巨人の試合がない日はなるべく仕事を入れないなど、2人きりの時間を大切にしていますよ」(テレ朝関係者)

 結婚4年目に突入した日本テレビの小熊美香アナ(30)にも、周囲から期待が寄せられている。女子アナウオッチャーの丸山大次郎氏が語る。

「小熊アナといえばニュース原稿がしっかりと読めて、しかもタイトな衣装も着こなせる抜群のスタイル。日テレのエース候補の一人でした。そんな彼女も結婚後は、ゆったりした服ばかり着るようになって、ボディラインの露出も控えめに。そのため、顔つきがふっくらするたびに妊娠説が流れました」

 現在レギュラー出演中の情報番組「ZIP!」では、こんなハプニングでスタッフをドギマギさせた。

「人気モデルがVTRで体を引き締めるエクササイズを紹介したのですが、スタジオにいる小熊アナもそれにならってお尻を突き出すポーズを披露。結婚してさらに丸みを帯びた安産型ヒップを突き出すしぐさから、ついついエッチをオネダリする姿を想像してしまいました」(番組関係者)

 あとは吉報を待つばかりのようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意
2
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
3
タイ移住で飲食店を開いたら現地の日本人に「とんでもない嫌がらせ」をされて帰国するハメに
4
氷川きよし「暴行セクハラと恐喝」ドロ沼大騒動の決着点/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
サッカー元日本代表FWを拒絶した「鹿島アントラーズ」スカウトの見る目のなさ