スポーツ

あのスターを生んだ夏の甲子園(4)名捕手・谷繁元信が全国に与えた「山陰インパクト」

20160811tanishige

 昨シーズンをもって27年間に渡る生活を引退。今年から中日ドラゴンズの監督専任となった谷繁元信。現役晩年は沈着冷静なインサイドワークで相手の攻撃の芽を断つ典型的な“守備的キャッチャー”だったが、88年にドラフト1位で横浜大洋(現・横浜DeNA)に入団したときは「山陰の怪童」と呼ばれた注目のスラッガーだった。

 86年に江の川(現・石見智翠館=島根)に入学した谷繁は、その自慢の強肩強打で、当時は全国的に名門とは言えなかったチームを2度も夏の選手権に導いている。2年生ながら4番に座った87年の夏の選手権は初戦で横浜商(神奈川)の前に散発6安打の0-4という完敗だった。だが、翌88年夏は島根県予選5試合すべてでホームランを放つという快挙を打ち立て、その打棒を全国の野球ファンに轟かせた。このときマークした7本塁打はPL学園の福留孝介(現・阪神)と並ぶ、夏の地方予選の最多本塁打記録でもある。

 大会注目のスラッガーとして乗り込んだ甲子園では2回戦で伊勢工(三重)を9-3で破り、3回戦で強豪・天理(奈良)と対戦。この試合で谷繁は2本の長短打を放ち、島根県勢42年ぶりのベスト8入りに貢献する。

 そして迎えた準々決勝。相手は“九州のバース”と呼ばれた山之内健一(元・福岡ダイエー)が4番に座る福岡第一。大会を代表するスラッガー対決に注目が集まった。

 試合は初回に福岡第一が4点、江の川がその裏に3点を取り合う波乱の立ち上がり。その後も江の川は4回まで毎回失点を喫したのに対し、福岡第一はエース・前田幸長(元・中日など)が立ち直り、4回を終わった時点で3-9と試合が決してしまった。“打者・谷繁”は1回裏の反撃のチャンスで1点を返すタイムリーツーベースを放ったものの、以後は無安打2三振。対する“捕手・谷繁”は山之内を3打数ノーヒット2三振と抑え込んだものの、痛恨の2失策を犯し大敗した。

 プロ野球史上歴代1位の3021試合出場を果たし、セ・リーグ屈指の名捕手となった谷繁。「山陰の怪童」は島根に悲願の優勝旗を島根にもたらすことはできなかったが、山陰地方が甲子園でも「やれる!」と、全国に知らしめた貢献度は非常に大きい。

(高校野球評論家・上杉純也)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子、予想以上に立派な体の部位にファン騒然!完熟ボディの“秘密”か
2
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
3
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”
4
「人気急騰」明日海りお、宝塚ファンから聞こえてきた男役時代の“意外な評判”
5
芦田愛菜、「おっきい」「太い」発言に視聴者が敏感反応!滲み出始めた“色香”