芸能

握手会で3つ目のNGワード誕生!乃木坂46中元日芽香ファンが混乱状態に

20161012nogizaka

 乃木坂46の握手会で人気メンバー中元日芽香に対し、口にしてはいけない「禁止ワード」が追加された。

 中元といえば冠番組で愛飲を暴露されたプロテイン問題で、それをネタにされることを嫌い、握手会で「プロテイン」というワードを発したファンがその瞬間に係員にはがされたとツイッター上でも大きな話題になった。

 その他にも、中元の妹でBABYMETALのボーカルで大ブレイク中の中元すず香こと、SU-METALの話題も実質NGとなっているようだが、先日、これら2つに加えて新たに握手会で振ってはいけないワードが生まれたというのだ。

「2日放送の乃木坂の冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系)では、メンバーたちが自身で目標を掲げ、1ヵ月かけて身に付けた新たな特技を発表。中元は早口言葉が特徴的な楽曲『スキャットマン』をカラオケで歌い、採点機能で80点以上を取るという難易度の高い課題に挑戦しましたが、残念ながら失敗。涙を流しました。どうやら、この『スキャットマン』の話題についてあまり触れてほしくないとファン向けのモバイルメールで本人からお達しが出たようで、ファンがちょっとザワついています」(アイドル誌記者)

 握手会ではメンバーにとっての旬な話題から会話を広げるというのが定番のパターンだけに、実は次回の握手会で中元にワンフレーズを歌ってもらうことをリクエストしようと考えていたファンが多かったようだ。

「スキャットマン禁止ってマジ!?」「一緒に歌おうと思って練習してたのに」「これって励ますというか頑張ったねと伝えるのもダメなの?」などの、戸惑いの声がネット上で氾濫した。

「こう聞くと中元の器が小さく思えてしまいますが、全国の握手会で何千人ものファンからこの“失敗”ネタを振られると考えたら、NGにしたくなる気持ちもわかります。この夏の全国ツアーの間も移動中はひたすら『スキャットマン』を聞くなど、本気で練習に励んでいたようですからね」(前出・アイドル誌記者)

 励まし目的もアウトならファンは辛いが、テレビのネタに頼らず、ほかの粋な話題を提供できたファンこそが本人に印象づけられるはず。皆でポジティブに頭を悩ませてほしいところだ。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
柴咲コウ&吉高由里子に惨敗!「荷が重すぎた」新木優子の「ガリレオ」演技
3
香川照之と長谷川博己が一触即発?「小さな巨人」現場が険悪ムードなワケ
4
「やめてーー!」足立梨花が「正面・バック・女性上位」ハメ映像漏洩に大絶叫
5
「安倍国葬」裏で勃発!銃撃事件映画を巡るラサール石井と三浦マイルド「罵倒応酬」