芸能

天才テリー伊藤対談「イジリー岡田」(3)高速ベロは伝統芸と励まされて…

20161110q

テリー そんな状況が変わったのは、何かきっかけがあったの?

岡田 昔から知っている日本テレビのスタッフの方が、最悪のイメージだった僕を、日曜の昼にKinKi Kidsの堂本光一君がやっていた「ピカイチ」という番組で、当時まだ若手だった関ジャニ∞の村上信五君と一緒にレポーターとして使ってくれたんです。

テリー へえ、ジャニーズがメインの番組で、しかも日曜のお昼なんて完全にファミリー向けの番組だから、普通ならまず無理だろう?

岡田 その方以外のスタッフは、全員反対だったみたいです。ただ、ほとんどの出演者が「ギルガメ」世代だったので、僕のことを「夜の兄貴」的な感じで、好意を抱いてくれたんですよ。

テリー おもしろがってくれたんだ。

岡田 そこから、またイメージが徐々に変わってきました。でも10年くらい前に、あるバラエティでアイドルの私物を勝手に舐める仕事をやることになって。

テリー 「ギルガメ」時代の芸に戻ったわけだ。

岡田 僕はこれ1回で終わらせようと思っていたんですが、それを見た出川(哲朗)さんが、すごくホメてくれたんです。「下ネタは嫌いかもしれないけど、時代が1周して、イジリー君の高速ベロは伝統芸になっているんだから、これは絶対続けたほうがいい」とおっしゃってくれて。それですごく自信がついたんですね。

テリー 出川も、たまにはいいこと言うなァ(笑)。

岡田 たぶん、そのひと言がなかったら、もう高速ベロはやってないと思います。

テリー ものの見方って、時間とともに変わるからね。それこそ今だと、高速ベロもAKB48や乃木坂46みたいな若い女性アイドルにも受け入れられているんでしょ?

岡田 相変わらず「キャー!」みたいな悲鳴はいただいてますけどね(笑)。

テリー アイドルといえば、この前「イジリー岡田のニッポンのアイドル」っていう本を出したんだよね。

岡田 はい。これはもう、「僕が好きになったアイドル史」なんです。アイドルの一ファンだった頃から、この世界に入って仕事で関わってきたアイドルの方々との仕事を振り返った、ある種自伝的なものです。

テリー イジリーの好きになったアイドルって、どんな流れだったの?

岡田 最初にかわいいと思ったのが桜田淳子さんで、初めてレコードを買ったのはキャンディーズ。それに続いて、ドップリ頭まで漬かったのが石野真子さんです。石野さんがアイドルを引退されてからは、小泉今日子さん、菊池桃子さんという流れで。

テリー おお、まさに王道だね。そんなイジリーから見て、今のアイドルは昔と変わったところはある?

岡田 そうですね。やっぱりAKBさんの「今、会いに行けるアイドル」っていうコンセプトが生まれてから、より身近な存在になったと思います。昔のアイドルもレコード即売会とかで会えましたけど、もっと存在が大きかったですよね。

テリー うん、スターって言うだけあって、まさに手の届かない存在だったな。

岡田 それだけに、昔のアイドルって、今でも全然魅力が衰えないのがすごいなって思います。早見優さんや松本伊代さんも、当時とほとんど変わらないですものね。AKBさんたちも同じように年を重ねたらどうなっているのか、大いに気になるところです。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
3
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!
4
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
5
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(3)酒井法子が住居を追い出された?