エンタメ

Dr.コパと長利正弘氏が指南!「史上最強」必勝法で「年末ジャンボ」をブチ当てろ!(3)14万台狙いで確率大幅アップ

20161201n3rd

 これで大願成就まで、あと一歩。次はどの番号を狙えばいいのか、だ。

 宝くじアドバイザーの長利正弘氏は、最近のジャンボの傾向について「宝くじの3大聖地」(東京・西銀座CC、愛知・名駅前CC、大阪・大阪駅前第4ビル特設売場)に、ある異変が起きているという。

「今年のサマージャンボでは、西銀座CCと大阪駅前第4ビル特設売場からの1等当せんがありませんでした。そればかりか、続くオータムジャンボでは3大聖地が全滅してしまった。『人気売り場であれば1等が1本ぐらいは出るだろう。それが自分かも?』という甘い考えが通用しなくなっています」

 昨年から年末ジャンボの当せん確率が2000万分の1と厳しくなった以上、3大聖地だけに頼るよりも、勢いのある地域がおもしろそうだ。

「今年、サマーとオータムの連続的中は7都道府県だけでした。北から北海道、埼玉、東京、新潟、三重、広島、佐賀です。年末ジャンボは日本シリーズを争った日ハムの本拠地の北海道と広島に注目しています」

 旅先や出張先での購入が意外な福をもたらすかもしれない。

 では、狙い目の番号なのだが、長利氏はまず、組番号に注目する。

「昨年から組数が倍の200に広がったため、これまでの年末ジャンボの傾向がつかめなくなりました。そこで、ジャンボに限らず、宝くじの組番号が200組以上発売されたケースを調べてみました。その直近10回を見ていくと、意外な偏りが見えてきました」

 長利氏が「組全体の数を10分割し、どのゾーンで1等が出たのか」をまとめた(ページ下部)。

 例えば、平成19年に発売された「春のビッグボーナスくじ」(第517回全国)は350組。「組ゾーン」に当てはめると、01~35組が1番目、36~70組が2番目という具合だった。

 そしてこの時、1等1億円の組番号は「252組」「213組」「274組」なので、それぞれ8番目、7番目、8番目のゾーンに入ることになる。

「推奨ゾーンは5~9番目で、ここ4年連続で出現している偶数組を狙い撃ちしたいですね。さらに26本の1等を調べると、過去8回連続で偶数の10万台が続いているので、その中で最多出現の14万台の購入がオススメです。もし当せん番号が14万台だった場合、10枚購入した時の確率が2000万分の1から一気に5万分の1までアップします」

「幸運の購入日」に「組番号ゾーン」、81組~180組の14万台を狙う。これがミリオネアへの近道だ。

 ちなみに今年は「年末ジャンボ」のほか、「ミニ1億円」と「プチ1000万」があり、計30枚以上を購入すると、温泉旅行などが2000名に当たる応募ハガキが1枚もらえる。ただし、例えば60枚購入すると2枚もらえるわけではない。もし2枚欲しい際は、基本的には列に並び直して30枚+30枚を購入しないといけないので注意しよう。

■1等の「組ゾーン」直近10回の傾向

<ゾーン・1番目>出現回数:3回・年末ジャンボの場合:01組~20組

<ゾーン・2番目>出現回数:2回・年末ジャンボの場合:21組~40組

<ゾーン・3番目>出現回数:3回・年末ジャンボの場合:41組~60組

<ゾーン・4番目>出現回数:0回・年末ジャンボの場合:61組~80組

<ゾーン・5番目>出現回数:3回・年末ジャンボの場合:81組~100組

<ゾーン・6番目>出現回数:4回・年末ジャンボの場合:101組~120組

<ゾーン・7番目>出現回数:3回・年末ジャンボの場合:121組~140組

<ゾーン・8番目>出現回数:3回・年末ジャンボの場合:141組~160組

<ゾーン・9番目>出現回数:4回・年末ジャンボの場合:161組~180組

<ゾーン・10番目>出現回数:1回・年末ジャンボの場合:181組~200組

*200組以上あり全国発売された宝くじのみを集計

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
とんねるずとダウンタウンが完全和解!?“奇跡のタッグ”に向けて急加速
4
眞子様、佳子様からも選ばれなかった学習院大学から「廃校も…」悲鳴が!
5
カンニング竹山と後輩芸人のガチ喧嘩は放送作家の大失敗だった!?