芸能

「なんて毛だ!」「コウカイの真っ最中」…今年を彩った「裏流行語」とは?

20161207uraryuukougo

 12月1日、「2016ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞が発表され、ノミネートされた30語の中から「神ってる」が選ばれた。

 数々の流行語の中には、頻繁に使われたはずなのにこのように日の目を見ることなく、闇に追いやられてしまう言葉がある。

 例えばこの秋、タレントから艶系女優に転身した坂口杏里のDVDを観た視聴者たちの言葉は、一気にネット上を駆け巡った。

「あの有名人が一糸まとわぬ姿。笑顔からカメラを下ろしていくと漆黒の剛毛。視聴者が元カレのギャグにかぶせて思わず叫んだ『なんて毛だ!』は秀逸なひと言ですよ」(週刊誌記者)

“ゲス不貞”が話題になった今年。釈明会見で取材陣を感心させた三遊亭円楽師匠の“なぞかけ”が大好評となった。

「(今回の騒動とかけて東京湾を出て行った船と解く。その心は)『航海(後悔)の真っ最中』はお見事でした。会見自体、質問も時間も制限なしと潔く、『ベッキーとは大違い』と取材陣が大絶賛でしたからね。『航海~』はスキャンダルから生まれた裏流行語に相応しい名言だったと言えるでしょう」(芸能ライター)

 受賞こそならなかったものの、お騒がせ芸能人の本領を発揮した藤原紀香の言葉もノミネートされた。

「熊本大地震の時に紀香がブログに残した『火の国の神様、もうやめてください』は、被災地の人たちが罰を受けることをしたかのようだと批判が集まり、後に削除。梨園の妻なのに裏方に徹することなく、芸能活動もブログでの主張も続ける紀香をよく思わない人は少なくありませんよ」(前出・芸能ライター)

 12月5日発売の「アサ芸シークレットVol.43」では、そんな今年の裏流行語に着目し、珠玉の30語を厳選。その中から栄えある「裏流行語大賞」を選出している。

 今年のスキャンダルを、裏流行語で振り返ってみては?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然
4
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
5
大島由香里、「耐え難いことがあった」離婚原因の吐露に見る小塚の“罪深さ”