芸能

「なんて毛だ!」「コウカイの真っ最中」…今年を彩った「裏流行語」とは?

20161207uraryuukougo

 12月1日、「2016ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞が発表され、ノミネートされた30語の中から「神ってる」が選ばれた。

 数々の流行語の中には、頻繁に使われたはずなのにこのように日の目を見ることなく、闇に追いやられてしまう言葉がある。

 例えばこの秋、タレントから艶系女優に転身した坂口杏里のDVDを観た視聴者たちの言葉は、一気にネット上を駆け巡った。

「あの有名人が一糸まとわぬ姿。笑顔からカメラを下ろしていくと漆黒の剛毛。視聴者が元カレのギャグにかぶせて思わず叫んだ『なんて毛だ!』は秀逸なひと言ですよ」(週刊誌記者)

“ゲス不貞”が話題になった今年。釈明会見で取材陣を感心させた三遊亭円楽師匠の“なぞかけ”が大好評となった。

「(今回の騒動とかけて東京湾を出て行った船と解く。その心は)『航海(後悔)の真っ最中』はお見事でした。会見自体、質問も時間も制限なしと潔く、『ベッキーとは大違い』と取材陣が大絶賛でしたからね。『航海~』はスキャンダルから生まれた裏流行語に相応しい名言だったと言えるでしょう」(芸能ライター)

 受賞こそならなかったものの、お騒がせ芸能人の本領を発揮した藤原紀香の言葉もノミネートされた。

「熊本大地震の時に紀香がブログに残した『火の国の神様、もうやめてください』は、被災地の人たちが罰を受けることをしたかのようだと批判が集まり、後に削除。梨園の妻なのに裏方に徹することなく、芸能活動もブログでの主張も続ける紀香をよく思わない人は少なくありませんよ」(前出・芸能ライター)

 12月5日発売の「アサ芸シークレットVol.43」では、そんな今年の裏流行語に着目し、珠玉の30語を厳選。その中から栄えある「裏流行語大賞」を選出している。

 今年のスキャンダルを、裏流行語で振り返ってみては?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
3
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!
4
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(3)酒井法子が住居を追い出された?
5
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ