スポーツ

中日・落合GM「1月末クビ」決定と「鎌倉デート」の真相(1)4年連続Bクラスに白井オーナーも…

20161215a1st

 4年連続Bクラス、そして19年ぶりのリーグ最下位に甘んじた中日ドラゴンズ。その低迷の元凶とも言われる落合GMがついに、年貢の納め時を迎えた。これまで後ろ盾となってきたオーナーが落合氏に見切りをつけた裏には「NGワード」の存在と、引き金となる「事件」があった──。

 13年オフにGMに就任すると、減額制限いっぱいのダウン提示を連発して総額8億円に及ぶコストカットを敢行。その後も契約更改で大幅な経費削減に成功する一方で、チームはBクラスにとどまったまま──。

 落合博満GM(62)が編成トップに就任して以降、中日は球団史上初の「4年連続Bクラス」という暗黒期を迎えた。当然ながら、落合氏に対する批判の声は高まっていく。だが、そんな状況でも、白井文吾オーナー(88)は事あるごとに「落合は悪くない」と擁護。コストカットの手腕も評価し、全幅の信頼を口にしていた。谷繁元信前監督(45)のシーズン途中解任に際してGMの責任を問う声が上がってもなお、その姿勢は変わらなかったのだ。

 ところが、である。その雲行きが急転したのは9月、シーズン最終盤だった。スポーツライターが語る。

「谷繁前監督の後任には、落合氏が推す小笠原道大二軍監督(43)の就任が濃厚でした。それが突然、森繁和監督(62)に差し替わった。これは白井オーナーが『もう落合の言うことを聞いていてはダメだ』と、みずから方針を変えたためです。この時点でオーナーは、来年1月末で契約が切れる落合氏のGM解任を決断していました。選手の年俸をカットしても客が入らなければまずい、と気がついたんです。ファンや中日新聞購読者からの抗議電話や、新聞の部数が落ちたのもこたえたらしい。そして何より、球団創設80周年の記念イヤーに、97年以来19年ぶりの最下位に転落したのがよほどショックだったと‥‥」

 スポーツ紙デスクがあとを引き取って言う。

「4位や5位なら谷繁前監督の責任ということで、今も落合氏をかばっていたでしょうね。同じ地方球団として切磋琢磨してきた広島とは、オーナー同士が意見交換するなどしながらも、強いライバル意識を持ってきた。それが片やリーグ優勝、片や最下位。白井オーナーは盛んに『最下位はみっともない』『情けない』と口にしていました。オーナーにとって、『最下位』はNGワードでしたから」

 落合氏解任を決めた白井オーナーの「決意の固さ」は、こんな言動に見て取れる。球団関係者が明かす。

「落合氏がすんなりと受け入れない可能性も考え、『俺もオーナーを退任するからお前も辞めろ、と言うつもりでいる』と語っていたそうです」

 さらに、解任決断の引き金となった「事件」も起こっていた。落合氏の側近とも言える球団職員による「情報漏れ」である。スポーツ紙の「誤報騒動」も勃発する事態になったのだが、

「球団フロントは『何でこんな間違った情報が漏れるのか』と不信感を抱いて原因を調査したところ、その職員の名前があがってきた。どうやら落合氏がしゃべった不確定情報を、そのまま親しい記者に話していたらしい。これに白井オーナーが激怒した、と」(前出・球団関係者)

「小笠原二軍監督の一軍昇格」のニュースもそうで、

「それまでオーナーが『小笠原で決めた』と発言したことは一度もないし、その時点で新監督を決める役員会議の予定もなかった」(前出・球団関係者)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人・鈴木尚広、阿部慎之助よりこっ恥ずかしい「重婚報道」にドン引きの声
2
批判覚悟?田中圭が「おっさんずラブ」続編から降板しなかった理由
3
マギーがニット姿でも背中見え!?史上最強「チェリーを殺すセーター」爆誕
4
里田まい、田中将大とのツーショットに触れてヤケドした矢口真里との明と暗
5
共演者を泣かせたことも!タピオカ騒動「木下優樹菜のブチギレ癖」とは?