芸能

ダウンタウン「笑ってはいけない」の高視聴率で日テレが頭を抱えるワケとは?

20170117downtown

 昨年大みそかに放送された「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 大晦日年越しスペシャル 絶対に笑ってはいけない科学博士24時!」(日本テレビ系)の平均視聴率が第1部で17.7%、第2部で16.1%を記録し、7年連続で大みそか同時間帯の民放首位を獲得した。

 今や「NHK紅白歌合戦」と並んで大みそかの風物詩ともなっている同番組。一部ではマンネリ化を指摘する声もあったが、結果的には根強い人気があることを証明した。

 日テレもさぞや喜んでいるかと思いきや、複雑な表情を浮かべるのは同番組のスタッフだ。

「我々としても高視聴率を目指して番組作りをしているので、うれしいことは間違いないのですが‥‥。吉本さんがまたダウンタウンさんのギャラアップをガツガツと交渉してくることを考えると頭が痛いですね」

 昨今はスポンサー離れなどテレビ不況が続き、視聴率好調の日テレも番組制作費は年々削られる一方。そんな状況のなか、ネックとなっているのが大物タレントの高額ギャラだという。

「ウチは数年前に社員の給料を他の民放テレビ局に比べると3分の2くらいに減らすなど、経費面に関してはかなりシビアです。それでも、あの番組に関しては大みそかの特番ということで、出演者のギャラも含めてかなり莫大な制作費をかけているのですが、ダウンタウンさんをはじめとする出演者が所属する吉本さん的には納得がいかないようです。毎年、視聴率が出た後には、『今年こそギャラアップを!』と強気で交渉してくるんですよ」(前出・番組スタッフ)

 番組同様、ダウンタウンのギャラアップ交渉も今や年始の風物詩となっているそうだが、日テレサイドにしてみればまったく笑えない!?

(しおさわ かつつね)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」米倉涼子の降板説で飛び交う“2代目大門未知子”仰天候補
2
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
3
水川あさみと年下イケメン俳優の「同棲交際」、3年以上前から始まっていた!?
4
“幻の”ローカル路線バス乗り継ぎの旅を再放送!太川陽介が音を上げた理由は!?
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃