芸能

ダウンタウン「笑ってはいけない」の高視聴率で日テレが頭を抱えるワケとは?

20170117downtown

 昨年大みそかに放送された「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 大晦日年越しスペシャル 絶対に笑ってはいけない科学博士24時!」(日本テレビ系)の平均視聴率が第1部で17.7%、第2部で16.1%を記録し、7年連続で大みそか同時間帯の民放首位を獲得した。

 今や「NHK紅白歌合戦」と並んで大みそかの風物詩ともなっている同番組。一部ではマンネリ化を指摘する声もあったが、結果的には根強い人気があることを証明した。

 日テレもさぞや喜んでいるかと思いきや、複雑な表情を浮かべるのは同番組のスタッフだ。

「我々としても高視聴率を目指して番組作りをしているので、うれしいことは間違いないのですが‥‥。吉本さんがまたダウンタウンさんのギャラアップをガツガツと交渉してくることを考えると頭が痛いですね」

 昨今はスポンサー離れなどテレビ不況が続き、視聴率好調の日テレも番組制作費は年々削られる一方。そんな状況のなか、ネックとなっているのが大物タレントの高額ギャラだという。

「ウチは数年前に社員の給料を他の民放テレビ局に比べると3分の2くらいに減らすなど、経費面に関してはかなりシビアです。それでも、あの番組に関しては大みそかの特番ということで、出演者のギャラも含めてかなり莫大な制作費をかけているのですが、ダウンタウンさんをはじめとする出演者が所属する吉本さん的には納得がいかないようです。毎年、視聴率が出た後には、『今年こそギャラアップを!』と強気で交渉してくるんですよ」(前出・番組スタッフ)

 番組同様、ダウンタウンのギャラアップ交渉も今や年始の風物詩となっているそうだが、日テレサイドにしてみればまったく笑えない!?

(しおさわ かつつね)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
2
西武「史上最速で自力V消滅」「借金20でアウト」松井稼頭央監督と平石洋介ヘッドコーチ「セットで退場」Xデー
3
「ちょっと待って」と視聴者!由美かおる73歳の短すぎるスカートが真っ昼間にさく裂で「これ、ひざ上何センチ?」
4
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから
5
テレ朝・斎藤ちはるがラグビー日本体表・姫野和樹とカメラも気にせず寄り添って…