政治

小池百合子 自民党との「都議選ゲリラ暗闘」一部始終!(3)自民党本部を敵に回しても離党はない?

20170126q3rd

「文藝春秋2月号」が発売された同日午前、首相官邸で安倍晋三総理(62)と小池氏の会談が約5カ月ぶりに行われた。

 その冒頭で小池氏は、東京五輪のエンブレムバッジを安倍総理のスーツの胸元につけ、友好ムードを報道陣に見せつける。20分ほどの会談では、東京五輪での連携や都議選の話題も出て、意見交換をしたという。

 会談後、満足そうな表情だった小池氏とは反対に、安倍総理はご機嫌斜めの様子。政治部記者は振り返る。

「小池さんからエンブレムバッジをつけられた時、ムッとした表情をしていました。この日の午後に安倍総理の関連取材が2件あったのですが、2件目の時にはバッジを外していたんです。五輪で都と連携するならそのままつけても問題ないはずですが、小池さんの和やかムードの演出をおもしろく思っていなかったようです」

 その日の夕方、二階氏は官邸記者の囲み取材でこう話していたという。

二階氏「今日の対談はどうだった?」

記者「(小池氏から離党発言もなく)肩透かしに終わりました」

二階氏「そうやろ、そうやろ。(官邸に)宣戦布告に来るわけないでしょ。あんた(=小池氏)も自民党員なんだから、あんまり生意気なこと言いなさんな」

 と、本人に伝わることを意識したかのように、警鐘を鳴らした。また連日小池氏を取り上げるマスコミについても二階氏は、

「都議会は要するに、県議会と同じでそれ以上でもそれ以下でもない。マスコミがあれこれ持ち上げるからいけないんだ。これ以上つけあがらせるな」

 と記者たちをニラむように一喝したのだった。ところが最後には「これ以上、(小池氏に関して)発言するのはやめる」と漏らした二階氏。一連の真意を官邸記者はこう話す。

「あまり過剰な発言を続けると、五輪組織委員会の森喜朗会長(79)のように小池氏から対立構造を作られ、悪者にされてしまうのを警戒したのでしょう」

 都議会自民党だけではなく、党本部を敵に回した小池氏。離党も時間の問題と思いきや、「それはない」と自民党関係者は断言する。

「小池さんが将来、女性初の総理大臣を目指しているのは党内では有名。二階さんも昨年秋、『新進党、自由党で一緒にやったからわかると思うけど、新党は時間と金とエネルギーの消費が大変。自民党の壁の大きさも知っているから、新党を作ることはないだろう』と話していました」

 前出の官邸記者も同調したうえで、小池氏の「秘策」をこう明かす。

「目の上のたんこぶの森さんをスキャンダルで追い落とし、安倍総理と2人で東京五輪を成功させたい。その実績を手土産に、次期総理のイスを狙っています。すでに森さんの政治団体などを調べさせているそうです」

 とはいえ築地市場移転問題や五輪会場見直し問題など、今のところ「口だけスケバン」な小池氏。夏の都議選で、自民党と演じるのは「茶番」か「本番」か──。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
手越祐也の“弁当宅配”に水を差した「道交法違反では?」疑問の声!
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
「肌がピチピチ!」生田斗真は恋人・清野菜名のアソコに惚れた?
4
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
5
ファン困惑!竹内結子“夜の営み”を妄想させた5カ月ぶりのインスタ投稿