芸能

「独身貴族」春風亭昇太が愛を注ぐ驚きのコレクションとは?

 日曜劇場「小さな巨人」で(TBS系)で、警察署長役を熱演中の春風亭昇太。本業は落語家で、「笑点」(日本テレビ系)の6代目司会者と言った方が思い出せる人が多いかも。もっか、同ドラマ番宣のため、情報番組やバラエティー番組に顔を見せている。

「昇太は噺家だけに話がうまい。話題も豊富なので、どの番組でも引っ張りだこです。多趣味で楽器も弾き、バンドもやる。こだわり、うんちくが豊富で、交友関係は幅広く、同業者以外の知り合い、趣味でつながった友達もいるから、どこを切り取っても面白さ抜群。それで各番組で引く手あまたになるんです」(テレビ誌記者)

 4月13日放送の「櫻井・有吉THE夜会」では、こだわりを寄せ集めて作り上げた自宅を案内し、趣味の缶詰コレクションを披露した。缶詰愛をとうとうと語り、巷では手に入らない全国の水産学校の缶詰に萌える場面も。14日放送の「A-Studio」(TBS系)では、落語に出て来るようなとぼけた人間が自分のまわりに多数いることをあげ、MCの笑福亭鶴瓶を爆笑させた。

「独身貴族御殿」と呼ばれる自宅は、小料理屋を思わせるカウンター式のダイニングキッチンが自慢だ。カウンターの奥で買い集めてきた缶詰を開け、ひと手間加えた料理に仕立て、晩酌。2階の広いリビングにあるステレオでレコードをかけ、部屋の中央に吊られたハンモックに揺られながら酔っぱらうのが至福の時だ。全国各地の城址巡りが止まらない城マニアでもある。

 ちなみに「小さな巨人」には、女優の吉田羊も共演。吉田は、昇太の唯一のゴシップ相手だ。

「2人は古くからの飲み友達。昇太の自宅で手料理をごちそうになりながら、さしつさされつしてきた仲。2年前に放送された『ぴったんこカン・カン』(TBS系)で、吉田が『自分が50歳になっても未婚のままだったら、お嫁にもらってくれる約束をしている』と明かし、大騒ぎになった。昇太は『覚えてない』と否定し、酔っぱらった席での戯言とスルーしていますが。その後、吉田は20歳年下のHey!Say!JUMPの中島裕翔と7連泊する隠れ肉食系女子だったことが暴露された。昇太を隠れ蓑にうまく立ち回っていたわけで、もしあの時、認めていたら、とんだ赤っ恥をかいていた。独身男の純情を持て遊ばれた昇太は、今では『結婚はどうでもいい』というスタンスを貫いている」(芸能ライター)

 57歳の現在も趣味に没頭、悠々自適の生活を謳歌。何ともうらやましいではないか。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ永島優美、激し過ぎる本格ダンスでやっぱり見えちゃった“バストの奥”!
2
畠山愛理も霞む”Eバスト”!NHK副島萌生の「色香滴り」衣装にネット騒然
3
「三角」はイヤ!西野七瀬「水着嫌い」告白にファンから逆に歓喜の声
4
あの「りさお姉さん」が強そうになってる!ガッチリ化にパパたちの涙
5
石川佳純が“極太棒”を手に…思わずニンマリの妄想爆発ショットとは?