芸能

清原和博 最大支援者の“自死”に涙の悔恨!(3)将来の不安を吐露した清原

「あの日は閉店後、朝4時過ぎまでスタッフと食事を共にしていました。泥酔こそしていましたが、股間を剃り上げたことを自慢するなど、ぶっ飛んだ調子で、周囲も『いつもどおりだ』と気にも留めていませんでした。しかし、帰宅後、連絡が取れないことを不審に思った交際相手が自宅を訪れたところ、首をつったIさんを発見したんです」(I氏の友人)

 部屋の中の様子は、遺書などもなく、テーブルの上にI氏が利用したと思しき店の名刺が無造作に置かれているなど、ふだんどおりの風景だったという。

「死の直前まで交際相手と電話でケンカをしていたという話で、衝動的なものではないかと言われています。『器が小さい』『オトコらしくない』と非難されたIさんは、今まで見たこともないほど落ち込んだ様子を見せていたそうです。酔いも手伝ったのでしょうか‥‥」(前出・I氏の友人)

 死後、すぐさま店の従業員からI氏が亡くなったことを電話で告げられた清原は、

「冗談やろ?」

 と、すぐには事態を飲み込めなかったものの、

「俺のせいでこうなったんや‥‥。A(I氏の名前)すまん、すまん‥‥」

 と号泣したという。

 先のI氏の友人は、「推測ではあるが」と前置きしながら、昨今のI氏の心理状態について、清原からもたらされる心的ストレスが限界に達し、「人前では明るくふるまっていたが、いっぱいいっぱいだった」と説明した。

 清原ははからずもI氏に不満やイラだちを日常的にぶつけていたという。中でも、プロ野球選手として築き上げた屈強な肉体が衰えていくことへの焦燥があったようなのだ。

「覚醒剤の後遺症以上に頭を悩ませていたのが糖尿病です。1年にわたる隠遁生活で悪化し、すでに歩くのでさえ精いっぱい。それでもIさんは仕事を終えたばかりの早朝に清原さんを連れて、近くの公園をウォーキングしていましたが、10分も歩かないうちに『足が痛い』と音を上げてしまう。ばかりか、Iさんに声を荒らげて不満までぶつけてくる。それならばと、渋谷にある完全個室の高級ジムと契約したのですが、こちらもほとんど行かずじまいでした」(前出・I氏の友人)

 清原のイライラに輪をかけたのが、復帰への道筋が依然険しく、見通しが立たないということだった。逮捕後の清原は世間の評価を気にするようになり、昨年末のテレビ出演に際しても、収録後から「悪意のある編集をされているんじゃないか」「世間の人は受け入れてくれるのか」と悩み、ネットで自身の評価を検索するなど不安定な様子を見せていたという。献身的な支援を行うI氏も同じ気持ちを抱いていただろうが、決して清原には弱音を吐かなかったという。自殺の数日前にも、清原が将来の不安を何度も吐露することがあったのだが、そのたびにI氏は、

「キヨさん、心配するなって」

 と言い聞かせるように語りかけ、支え続けていた。

 思えば、I氏は昨年、記者に対して、

「こうした生活ができるのは、よくてあと1、2年だと思っています。その間に復帰のメドがつけばいいんですが‥‥」

 と口にしていたものだ。

 先の友人が引き継ぐ。

「Iさんも15年に糖尿病で手術を経験しており、40キロ以上痩せている。昨年8月に受けた健康診断で異常がなかったとはいえ、アルコール依存症もあり、毎晩浴びるように酒を飲んでいました。おまけに、疲労がたまっているにもかかわらず、睡眠薬を飲まなければ寝つけなかった。自殺の原因はわかりませんが、心身ともに限界だったのは確かです」

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
中居正広、「ジャニーズ退所」報道で再噴出する“裏切り者キムタク”の辛辣声!
2
田中みな実「先端当て」VS 鷲見玲奈「極太パックン」!/妖艶「放送事故」大全(3)
3
永島優美、仕事とプライベートの充実ぶりで隠しきれない爆裂バストの“張り”
4
太川陽介のバス旅を超える?復活が待望される「テレ東旅番組」はこんなにある!
5
藤原紀香、「ミニ丈スカート」白美脚に熱視線!「生で見たかった」の声が続々