芸能

アジア・サッカー連盟を酷評した土田晃之に「嫌いだけど今回は正論」の声

 珍しくサッカーファンから支持された!?

 タレントの土田晃之が6月11日放送のラジオ番組「土田晃之 日曜のへそ」(ニッポン放送)で、アジア・サッカー連盟(以下、AFC)を痛烈批判。サッカーファンの間で話題になっている。

 5月31日のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の「浦和レッズ×済州ユナイテッド(韓国)」戦で、浦和は3対2で逆転勝ちするも済州の選手が大暴れ。乱闘騒ぎに発展。

 AFCはこの選手の暴挙に対し、主審に危害を加えたDFチョ・ヨンヒョンに6カ月の資格停止と制裁金2万ドル、浦和MF・阿部勇樹にジャンピングエルボーを食らわせたDFペク・ドンギュに3カ月の資格停止と制裁金1万5000ドルなど済州の3選手らに処分を下した。一方、AFCに抗議文を提出した浦和にも、乱闘に加わったとして2万ドルの罰金処分を下した。

 このAFCの判断に、土田は「阿部キャプテンにエルボー食らわせた選手が、3か月の出場停止で、クソアマですからね」と、済州選手への処分が甘すぎると主張。続けて、

「浦和も罰金って、意味分かんない。点を取ってガッツポーズする、勝ってガッツポーズするのは当たり前。それに対して難癖つけて暴力をふるってくるのは大きな問題ですよね」

「たぶん3人くらいでやってんでしょ? アジアサッカー連盟って。じゃなかったら、こんな判決なんて出ないもんね。しかも小学生くらいが3人集まってるんでしょ? 大人だったら3人集まったら、こんな判定にはならない。しょうもねえな」

 と、かなりに厳しくAFCを批判している。

 そんな土田は、過去にサッカーの知識を仕入れても仕事につながらないとのことで、「サッカーへの興味が失せている」という発言をしてサッカーファンからニワカ扱いもされた。しかし、今回のAFC批判には「土田は嫌いだが、今回は正論」「よく言ってくれた」「土田さんの意見に賛成です」と、土田を支持するコメントが続出しているようだ。

「今回の乱闘騒動については、欧州メディアも済州の選手たちの暴れっぷりを『子供じみた行動』と一蹴している。土田のような発信力のある人が批判したことで、多少なりともサッカーファンのイライラは緩和されたようですね」(エンタメ誌ライター)

 今回はサッカーファンの間で株を上げた土田。ただ、過激発言も多いだけに、次回のサッカー関連の土田の発言へのサッカーファンの反応に要注目だ。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
千眼美子、台湾で見せた「肉体の激艶変化」に男性ファンが騒然!
2
鈴木愛らとバチバチ!「しぶこ」が同組で無視される“緊迫バトル”全貌とは?
3
日テレ水卜麻美、リバウンド指摘もファンから上がった「歓喜の声」!
4
デカすぎる!本田翼、美バスト披露でメイキング映像にアクセス殺到!
5
やっぱり出た!スカーレット「戸田恵梨香の女学生」に噴出した“苛烈不満”