スポーツ

夏競馬特別対談「松本ヒロシ×亀谷敬正」のぶっちゃけウラ話(3)調教の見方は独学!誰も教えてくれない

亀谷 最近、厩舎コメントがどの新聞も一緒だったりすることが多いですよね。「エイト」はどうです?

ヒロシ 厩舎にもよるんじゃないかな。調教師から何時にコメント出す、というアナウンスがあって、その時間に記者たちがゾロゾロと集まる、みたいな。

亀谷 えっ、そういうスタイルに変わったんですか?

ヒロシ ここ10年ぐらいかな。若い調教師は、そういうスタイルが好きだから。

亀谷 だったら調教師が自分でブログやって、好きに書いたらいいじゃないですか(笑)。もしかして、これからそういう時代になるのかな。何か独自性がないですね。

ヒロシ あまりないよな。

亀谷 ヒロシさんは?

ヒロシ そりゃ、あるさ! 例えば、GIの時は特別に「有力馬情報」のページがあるから、調教師とかへの独自取材の情報を書くし。そういえば昔、ダービーの時にコディーノからノリさん(横山典弘騎手)を降ろした理由を、藤沢先生に聞いて「オーナーじゃなくてオレが降ろした」って書いたの。先生はオーナーから言われる前に替えてあげたかったというか、替えられる側の気持ちを察して先に提案したわけだけど、あれは、お互いに誤解があったね。

亀谷 ところで、調教の見方とかの予想方法は、先輩から後輩に語り継がれたりするんですか? 例えば名店には秘伝の味とか、あるじゃないですか?

ヒロシ ないねー。

亀谷 じゃあ、記者は調教とかの見方を誰に教わるんですか?

ヒロシ うーん、独自でだね。俺は前回との比較ぐらいかな。パターンが変わったとか。

亀谷 その見方も教わったわけではないんですよね。

ヒロシ 時計の取り方は受け継がれているけど、馬の見方は誰も教えないね。

亀谷 そういうもんなんですね。

ヒロシ 結局、自分なりだよ。競馬記者って、職人やアスリートのように絶対的な優劣が永遠につかない職業だから。仮にサイコロを転がして印を打ったとしても、当たればすごい、ってなっちゃう。一発で伝説みたいになることもあるし、優劣が瞬間的に変わる。会社によっては給料がバーンと上下するらしいしね。

亀谷 その評価は的中率?

ヒロシ わからない。

亀谷 回収率じゃなく、的中率で記者を評価しないといけないですよね。専門紙ってブックメーカーなんですよ。昔はノミ屋が新聞を大量に買ったわけですから。だから的中率とオッズが一緒にならないとノミ屋は損しちゃう。僕は専門紙の印を全て集計しているので、人気順だったら90%当てられます。ファンの90%のお金は専門紙の印どおりに流れている。

ヒロシ なるほどね。ただ、専門紙はGI以外、枠順を見て印を打つことができないから。新潟の千直など、本紙予想だけは枠順を見て印を変えてもよくなったけどね。他の専門紙もそうなんじゃないかな。

亀谷 だから最近、7枠と8枠の印が異常に多いんですね。それでオッズもすごく下がるようになった。

ヒロシ 馬券的には内枠で来る馬を探すほうがおいしいんだけどね。

松本ヒロシ:1963年生まれ。93年、サンケイスポーツに入社し、専門紙「競馬エイト」所属の看板トラックマンに。藤沢和厩舎のほか12厩舎を担当している。自分の中での目標は、15年のターコイズSを的中させた時の配当(3連単295万円/11・16・15人気で決着)を超えること。テレビ「みんなのKEIBA」(フジテレビ系)、「競馬予想TV!」(CSフジ)に出演中。

亀谷敬正:テレビ、専門誌などでカリスマ的人気の若手血統馬券師。週刊アサヒ芸能で「『一攫千金』穴馬ドリル! 亀谷敬正~血統こそ大穴への近道なり~」を連載中。HPはhttp://k-beam.com 推奨レース、期待値の高いデータ満載の出走表も配信中。コンビニのコピー機でも予想を配信(Eプリント 亀谷で検索)。「競馬予想TV!」「競馬血統研究所」(ともにCSフジ)に出演中。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
3
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!
4
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(3)酒井法子が住居を追い出された?
5
「HIKAKINも抜いた」米津玄師、“いったいいくら荒稼ぎ?”とネットで大激論!