芸能

日テレ・水卜麻美「来春独立フリー」で日テレ大混乱!(1)「営業部が大慌てで」

 名実ともに女子アナ界の頂点をひた走る“ミトちゃん”が、まさかのフリー転身──。日本テレビの看板アナの進退を巡り、局内外では大混乱に陥っているという。希代の人気アナはなぜ「衝撃転身」を決意したのか‥‥。退社の真相から芸能事務所の争奪戦、来春以降のフリー活動をスッパ抜く!

 昼帯の「ヒルナンデス!」でアシスタントを務め、今年6月の「週刊文春」の「好きなアナウンサー」(女子アナ部門)でV4を達成するなど、今や日本テレビの看板娘となった水卜麻美アナ(30)。明治安田生命が今年発表した「理想の女性上司ランキング」でも1位に輝いている。女子アナウオッチャーの丸山大次郎氏が語る。

「好きなアナにしても理想の上司にしても、男性人気だけでは首位になれません。男性にも女性にも愛されるキャラクターは、まさに視聴率が見込めるアナの代表例ではないでしょうか」

 水卜アナは、2010年に日本テレビ入社。翌年3月にスタートした前出の「ヒルナンデス!」のレギュラーに抜擢されると、局アナには珍しいポッチャリ体型と、グルメロケでの食べっぷりのよさでジワジワと人気が上昇。入社5年目の14年からは局の一大名物番組「24時間テレビ」の総合司会を担当し、オールマイティに活躍できる女子アナとして重宝されている。そんなエースアナがついに一つの決断を下した、という。

「実は昨年末頃からアナウンス部の上司に、退社の意向を伝えていたんです。つまりフリー転身です」(局プロデューサー)

 とはいえ、水卜アナは現在、「幸せ!ボンビーガール」「有吉ゼミ」など多くのレギュラーを持つ身。

「好感度の高い水卜アナが司会をしているという理由で、スポンサーを続ける企業もあるので、退社・独立となれば、各番組スポンサーへの根回しが不可欠です」(広告代理店関係者)

 当然、局としては水卜アナを手放すわけにはいかない。だが、その決意は思いのほか固く、日テレ内は大混乱に陥っているという。

「つい最近になって会社の上層部は慰留を断念。近いうちに、来春の退社を発表するようで、営業部が大慌てでスポンサー回りを始め、おうかがいを立てています」(日テレ関係者)

 もっとも、業界内で水卜アナの退社は「時間の問題」とささやかれており、局側は“第二のポッチャリキャラ”として入社3年目の尾崎里紗アナ(24)を積極的に売り出そうとしていたという。今年4月に30歳の誕生日を迎えた水卜アナは、世代交代の風をひしひしと感じ取っていたのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
橋本環奈の70万円が関係?「ゴチ」大不評な“割り勘ルール”導入の裏事情
2
テレ東・田中瞳、「WBS」生放送中に映りこんじゃった!?スカートの奥の奥
3
「着飾る恋」川口春奈&横浜流星の「マッパ温泉シーン」で苦情が飛び交ったワケ
4
「バス旅」にまたしてもヤラセ疑惑!?ゴール直前に発生した“トイレ事件”
5
有吉弘行、あの土屋敏男氏が明かした猿岩石“想像もつかない起用秘話”とは?