スポーツ

ディープインパクト産駒「最強神話」に陰りあり!(1)ディープ牝馬の価格が低下

 12年に初めて種牡馬リーディングのトップに立ち、以来、その地位を守り続けているディープインパクト。今年も独走状態は変わらないのだが、ここにきてディープ産駒の“最強神話”に陰りが見え始めている。特にGI戦での成績が振るわず、獲得賞金では昨年の同時期より9億円も下回る事態に──。

 7月10日、11日に開催された日本最大規模のサラブレッド市場「セレクトセール2017」では、17頭のディープインパクト産駒が1億円以上で落札され、あらためて同馬への期待の大きさに驚きの声が上がった。

 しかし、現在の産駒成績を見ていると、「この馬なら将来、大活躍してくれるだろう」などと楽観視することはできない。アルアインが皐月賞を獲ったものの、春のクラシックをにぎわしたのは、他にアドミラブル、カデナがいるぐらい。3歳牝馬にいたっては、重賞勝ち馬がファンディーナの1頭だけだ。

 ディープの初年度産駒が出走した2010年の翌年以降は、毎年牝馬のクラシックホースを輩出してきたが、今年は桜花賞、オークスともに掲示板にすら載れなかった。そんなこともあってか、現在、各クラブで募集されているディープ牝馬の募集価格は、総じて1割ほど安めとなっている。

 某クラブの古参会員が複雑な表情で話す。

「安くなるのはありがたいことですが、裏を返せば、それだけディープ牝馬の価値が低下しているということです。そのことは先だっての牧場見学でも感じましたね。今年はオークスでの6頭出しや、ヴィンテージ世代のお披露目ということもあって、ハーツクライ産駒への注目度がディープ以上に高かった。僕も、その中の1頭を1口買うつもりでいます」

 今年の上半期(6月25日終了時点)を振り返れば、古馬勢も期待ハズレで終わった。GIを勝ったのは安田記念のサトノアラジンだけで、ディーマジェスティ、マカヒキ、サトノダイヤモンド、ミッキークイーンといったクラシックホースは、勝ち負けにすら加われなかったのだ。

 さらに言えば、上半期の重賞勝ち数は8勝と、昨年同時期の20勝から大きく減少している。そのため、種牡馬リーディング1位の座はかろうじて守りつつも、獲得賞金は30億円に届かず、前年の上半期と比べて約9億円の減少だ。これは、6歳以上の世代が不在だった13年以来のことである。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
2
小百合様も登場、日本の芸能史を飾った「バスト大事件」とは?
3
水卜麻美がリバウンド?「ニットが小さ過ぎ!」Gカップへのボリューム増
4
「思い上がるな!」東出昌大の奔放生活に激怒した上沼恵美子への称賛
5
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”