スポーツ

ディープインパクト産駒「最強神話」に陰りあり!(1)ディープ牝馬の価格が低下

 12年に初めて種牡馬リーディングのトップに立ち、以来、その地位を守り続けているディープインパクト。今年も独走状態は変わらないのだが、ここにきてディープ産駒の“最強神話”に陰りが見え始めている。特にGI戦での成績が振るわず、獲得賞金では昨年の同時期より9億円も下回る事態に──。

 7月10日、11日に開催された日本最大規模のサラブレッド市場「セレクトセール2017」では、17頭のディープインパクト産駒が1億円以上で落札され、あらためて同馬への期待の大きさに驚きの声が上がった。

 しかし、現在の産駒成績を見ていると、「この馬なら将来、大活躍してくれるだろう」などと楽観視することはできない。アルアインが皐月賞を獲ったものの、春のクラシックをにぎわしたのは、他にアドミラブル、カデナがいるぐらい。3歳牝馬にいたっては、重賞勝ち馬がファンディーナの1頭だけだ。

 ディープの初年度産駒が出走した2010年の翌年以降は、毎年牝馬のクラシックホースを輩出してきたが、今年は桜花賞、オークスともに掲示板にすら載れなかった。そんなこともあってか、現在、各クラブで募集されているディープ牝馬の募集価格は、総じて1割ほど安めとなっている。

 某クラブの古参会員が複雑な表情で話す。

「安くなるのはありがたいことですが、裏を返せば、それだけディープ牝馬の価値が低下しているということです。そのことは先だっての牧場見学でも感じましたね。今年はオークスでの6頭出しや、ヴィンテージ世代のお披露目ということもあって、ハーツクライ産駒への注目度がディープ以上に高かった。僕も、その中の1頭を1口買うつもりでいます」

 今年の上半期(6月25日終了時点)を振り返れば、古馬勢も期待ハズレで終わった。GIを勝ったのは安田記念のサトノアラジンだけで、ディーマジェスティ、マカヒキ、サトノダイヤモンド、ミッキークイーンといったクラシックホースは、勝ち負けにすら加われなかったのだ。

 さらに言えば、上半期の重賞勝ち数は8勝と、昨年同時期の20勝から大きく減少している。そのため、種牡馬リーディング1位の座はかろうじて守りつつも、獲得賞金は30億円に届かず、前年の上半期と比べて約9億円の減少だ。これは、6歳以上の世代が不在だった13年以来のことである。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
ともさかりえ、アラフォーバスト「前屈み渓谷」「圧迫こぼれ」躍動写真に騒然
3
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
4
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ
5
小芝風花、「舌入れ疑惑キス&バストタッチ」過激化するラブ描写にネット騒然!