スポーツ

ディープインパクト産駒「最強神話」に陰りあり!(3)短距離&ダート戦で新味!?

 もう一つ忘れてならないのは、年齢だ。父サンデーサイレンスが死んだ年に生まれたディープも今年で15歳。来年には父が死んだ年齢になる。種牡馬としては、後期に入ったと言えるだろう。

 もちろん、社台もそれを承知しており、負担のかかる種付けをセーブし始めた(16年度は前年よりも18頭減って243頭)。ディープブリランテやキズナといった後継種牡馬が稼働し始めたことも、何らかの変化をもたらすだろう。今のところバトンタッチとまではいかないが、サイアーライン(父方の系図)を延ばしていくためにも、息子たちには頑張ってほしいはずだ。

 幸い、ディープブリランテは初年度産駒からセダブリランテスという重賞勝ち馬を出している。こう見てくると、今後、ディープの種牡馬成績が飛躍的に伸びることは考えづらいと思われる。いや、もしかすると種牡馬としてのピークは過ぎてしまったのか? 今年の3歳馬を見ていると、そんな気がしないでもない。

「とはいえ、その力はまだまだすごいものがある。7月に入るや、その仔たちが大活躍。シャイニングレイがCBC賞を、ゼーヴィントが七夕賞を制覇しました。さらに川崎の交流重賞・スパーキングレディーCでもアンジュデジールが勝利。上半期のスランプ状態から脱し、エンジンがかかってきたようにも思えますね」(競馬ライター)

 そして興味深いのは、まだGI勝ちのないスプリンター、ダート部門に有力馬が登場してきたことだ。これは関係者にとって、喜ばしいことに違いない。

 あらゆる記録を塗り変えてきたディープにとって、残されたことといえば、産駒による全部門「GI完全制覇」だろう。それを達成してこそ、真のスーパーサイアーと言える。だから今後は、あまり走っていないダートへの参戦も増えてくることが考えられそうだ。その際は「ディープ産駒はダートはからっきしダメ」という定説に惑わされることなく、じっくりと出走馬をチェックしたい。

 また、今後はブルードメアサイアー(母父)としてのディープインパクトにも要注目だ。

 14年から母父にディープを持つ仔が出てきて、その中にはヴァナヘイム(京都2歳S・2着)やキセキ(毎日杯・3着)のような重賞上位入着馬もいる。ブルードメアサイアーのランキング(地方を含む)も968位⇒488位⇒130位⇒56位とグングン上昇中。近い将来、父サンデーサイレンス同様にディープインパクトがブルードメアサイアーの王者になることは、間違いないだろう。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊藤健太郎「ガールズバー泥酔大放言」を実況
2
和久田麻由子“独り生活”の淋しさが溢れ出る?ただ今フェロモン大放出中!
3
“土手スジ”が映った!?阿部華也子、スキャンダル危機も放送事故でファン激増!
4
Gカップはどこへ?夏菜、最新ショットで急浮上した衝撃の「バスト縮小」疑惑!
5
艶ビデオ出演芸能人の「感度」!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(4)