芸能

武井咲、ドラマ「黒革の手帖」が“低視聴率女優”の汚名覆す好発進の「理由」

 7月20日よりスタートした武井咲主演のドラマ「黒革の手帖」(テレビ朝日系)。2004年に米倉涼子主演で放送され、平均視聴率15%、最終回視聴率17.7%を記録、女優・米倉涼子の地位を確固たるものにした。そして、今回の武井咲版「黒革の手帖」第1話の初回視聴率は、11.7%。前作の平均視聴率に達していないものの、まずまずの結果を残した。ところがこの結果に意外だと、驚きの声が上がっている。

「実は主役の武井は、以前から密かに“視聴率が獲れない女優”と言われていたんです。15年に武井主演で放送された『エイジハラスメント』(テレ朝系)は、初回視聴率9.4%が最高で、ついに二桁を記録することなく終了。他にも武井が出演した『アスコーマーチ!~明日香工業高校物語~』は平均視聴率5.9%、『Wの悲劇』(ともにテレ朝系)は9.1%と、ほとんどが低視聴率で今回の結果には、正直驚きました」(テレビ誌記者)

 すでに30本近くのドラマに出演してきた武井だが、あれだけ容姿端麗で演技力もありながら視聴率を稼げず、一時は“低視聴率女優”とも呼ばれていた。そして「黒革の手帖」初回放送での、この快挙。本人もさぞ喜んでいると思われるが、ネットでも「黒革の手帖、結構面白い。武井咲最高」「何度もリメイクされているけど見ちゃうんだよな。武井咲ちゃんいい味出してる」と好意的なコメントが上がっている。

 このことについて、ある放送作家はこう分析する。

「武井のような優等生キャラほど悪役を演じるとウケるもの。今年の6月まで放送された『女囚セブン』(テレ朝系)主演の剛力彩芽や『ブザー・ビート』(フジテレビ系)で悪女役を演じた相武紗季など、見た目の先入観と正反対の役を演じることで、ギャップが新たな魅力を生むのでしょう」

 悪女役という新たなジャンルで女優・武井咲、開眼なるか!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
貴島明日香“ドテ高”Yエリアが露わになった強風「突発事態」にファン騒然!
2
干される可能性も?“隠れ爆裂バスト”森七菜が「風呂シーン」を拒否する理由
3
渡部建、豊洲市場でマジメに働くも「ある問題」で同僚が大迷惑!?
4
木村沙織“9等身ボディ”披露で気になった現役時代のはちきれバストの行方
5
重大発表も物議!フワちゃんより“天狗になっている意外な人物”とは!?