芸能

小林よしのり、山尾バッシングを“同調圧力”と批判するも理由が的外れ?

 弁護士男性との不貞疑惑により民進党を離党した山尾志桜里議員。メディアと有権者からのバッシングが続くなか、小林よしのりが擁護の論陣を張っている。

 小林はニュースサイト「BLOGOS」に9月11日付で寄稿した記事に置いて、写真週刊誌「FLASH」に弁護士男性の写った写真を提供する代わりに自分のコメントを載せてもらい、バッシング一色の記事を中和したと説明。その寄稿の中で小林は「記事自体はやっぱり八つ墓村の因習住民の内容」と語り、山尾氏に関するスキャンダル報道に苦言を呈した。その小林について週刊誌記者が首をかしげる。

「小林は山尾氏へのバッシング一色になっている状態を“同調圧力”と批判し、それを八つ墓村になぞらえています。彼は別の寄稿でも『八つ墓村の同調圧力』と書いているのですが、そもそも小説『八つ墓村』や、その下敷きになったとされる『津山事件』は、同調圧力とは無縁のはず。なぜそこを結びつけようとするのか意味不明ですね」

 小説「八つ墓村」は資産家の相続争いを巡る殺人事件を描いており、そこに戦国時代の落武者伝説や父親違いの相続人が絡んでくるという物語。舞台は小さな村ではあるが、同調圧力や村八分についての描写はない。

 また「津山事件」も、幼少時に両親を失った若者が徴兵検査で不合格になったことをきっかけに起こした殺人事件。犯人自身が遺書に「病気四年間の社会の冷胆、圧迫にはまことに泣いた」と綴るなど病苦が要因であり、同調圧力とは無縁の事件だ。

「しかも『八つ墓村』を著した横溝正史は、津山事件を下敷きにしたものの、舞台はあえて津山から遠く離れた村に設定。戦国時代の落武者という新たな要素も付け加えるなど、そこには“同調圧力”について書こうという意思はまったく見受けられません。もしや小林は『八つ墓村』の小説や映画をまったく見ていないんじゃないでしょうか?」(前出・週刊誌記者)

 この調子では、泉下の横溝正史もいい迷惑ではないだろうか。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健もクギ付け!?綾瀬はるかの激ヤバ“胸揺れ”シーンに期待の声
2
東京から干された?和田アキ子をボコったベテラン芸人とは?
3
食パン一斤一気食いも?木南晴夏、玉木宏と電撃結婚で懸念される異常パン愛!
4
桐谷美玲、「三浦翔平が交際宣言」よりも祝福した“劇的な顔面変化”!
5
テレ朝・弘中綾香「バカァ!」炸裂にオードリー若林と交際女優が強烈嫉妬か!?