政治

山尾志桜里「不貞」の原因は夫の「投資金流用」事件だった!(2)選挙で家計が“逼迫”した

 コトの端緒となった夫のトラブルについて、恭生氏のビジネスパートナーである山中裕氏が打ち明ける。

「彼は起業家として目のつけどころが優れていた。最初に立ち上げた事業は女性専用のウェブサイトで、他社が手がけるよりも先に始めたためアッという間に人気となり、その後、ライブドアに数億円で売却することができた。その後も、『まとめサイト』などを作り、大手への売却に成功していますが、逆にトラブルも絶えませんでした」

 起業家としては優秀でも経営者としては疑問符が付くのだという。

 山中氏が続ける。

「当初、恭生氏の会社には10人ほどのスタッフがおり経営状態は順調だった。しかし、現在は従業員がいないため、仕事は外注するしかない自営業のような状態で、会社も友人とシェアする小さい事務所に移転している。出会った時は志桜里さんは司法修習生で、恭生氏はIT会社の起業家だったが、結婚後は反対にスター議員と、うだつが上がらないIT社長に立場が逆転してしまった」

 その背景には政治家・山尾志桜里を経済的に支えた夫の労苦があったという。

「恭生氏は志桜里氏が初めて選挙に出馬した時には政治資金管理団体の管理者で、当選するまでの3年、2度目の選挙で落選したあとの2年の、合わせて5年間を支えてきた。ライブドアに売りさばいた億単位のキャッシュはどんどん減っていった」

 その後、2年前にくだんのトラブルが発生した。

「恭生氏は12年に会計ソフトを作るために新たに会社を設立しました。ところが、そこに出資した約2000万円を取締役会の決議のないままに別の自分の会社に流用してしまったのです」

 この「流用事件」に関し、山中氏は裁判で争ったが現在は和解しているという。

 山中氏は山尾夫婦の関係についても言及した。

「同じ東大でもラクロス部の志桜里さんに対し、理科2類の恭生氏は、典型的な口数の少ない内気なタイプのシステムエンジニア。大学時代は接点がなかったが、司法修習生時代の飲み会で思い切ってアタックしたそうです。経済面以外でも、イクメンとして志桜里さんを支えていた。自宅は志桜里さんの両親と同じタワーマンションに暮らし、子供を託児所に預けるのは彼の役目。夜9時までには必ず自宅に戻っていた」

 最近では恭生氏は「カネがない。もう会社を辞めたい」などとコボしていたという。

「実は今回の疑惑は党内からリークされた可能性が高い。というのも、山尾氏は安倍政権が進める改憲路線に対抗できるというフレコミで党要職に抜擢された。にもかかわらず、憲法を『政策ブレーン』としても頼っていたという倉持氏と寝物語で勉強していたことに立腹したアンチ山尾派が党内に多数います」(政治部デスク)

 妻としても政治家としても“美人薄命”とはこのことか?

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!
5
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!