政治

山尾志桜里 イメージ回復作戦の「不貞ネタNG」も身内から不要論

 17年秋の衆院選を前に、弁護士・倉持麟太郎氏(34)との「W不貞疑惑」で政界を揺るがした山尾志桜里衆院議員(43)。

「『保育園落ちた日本死ね!!!』と題したブログを国会で取り上げ、待機児童問題で脚光を浴びた山尾氏だけに、妻子ある男性との不貞問題はとりわけダメージが大きかった。説明責任を求める国民感情をくまずに、離党会見や自身のブログでは『男女の関係はなかった』の一点張り。ネットなどでバッシングされ続けています」(政治部記者)

 民進党を離党して臨んだ衆院選では、わずか834票差で薄氷の勝利を収め、当選後は「イメージ回復作戦」に躍起になっているという。

「山尾氏も倉持氏も雑誌メディアにバンバン登場して持論を展開していますね。しかし、当然ながら不貞疑惑にはほとんど触れず、『浮気ネタNG』の姿勢を崩しません」(前出・政治部記者)

 そんな2人がそろって蜜月関係をアピールしたのが、「婦人公論」(12月12日発売号)の対談企画だ。記事を読んだ永田町関係者が眉をひそめて語る。

「『私たちは潔白だから、こんなに堂々と2人で出演できますよ』というアピールでしょうね。疑惑の相手である倉持氏を政策顧問に任命した理由なども語られていますが、開き直りにしか見えません。イメージ回復どころか、さらに国民から反感を買うのでは‥‥」

 山尾氏は現在、入党こそしていないものの衆院会派の「立憲民主党・市民クラブ」入りし、衆議院憲法審査会などで活動をともにしている。しかし、その“身内”からも批判の声が聞こえてくるのだ。

「山尾さんは、枝野幸男代表(53)や、菅直人最高顧問(71)といった党の重鎮からの評価が高く、会派入りも将来の入党を見据えてのこと。しかし若手や中堅議員の一部からは、スキャンダルイメージがつきまとう厄介者として不要論が噴出しているんです。最近、青山雅幸衆院議員(55)が秘書へのセクハラ行為で党員資格を失っており、『不祥事に対する処分の一貫性がないと世論は納得しないし、再発も防げない』という声もあります」(立憲民主党関係者)

 かつては地球5周分に相当するガソリン代を支出した疑惑で「ガソリーヌ」と呼ばれた山尾氏。立憲民主党の火薬庫にならないことを祈るばかりだ。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え