スポーツ

斎藤佑樹、イブイブ合コン「息抜き行状」に野球ファンが痛烈批判

 昨年末に発売された「週刊ポスト」にクリスマスイブイブ合コンをスッパ抜かれた日本ハム・斎藤佑樹に野球ファンが冷めた反応を見せている。同誌によれば斎藤は去る12月23日、後輩の有原航平らを引き連れ、東京・西麻布にある会員制バーの個室で合コンを満喫。

お目当ての女の子が先に帰ってしまい“最高の結果”とはならなかったものの、斎藤が若者に人気のバンド・back numberの代表曲「クリスマスソング」を熱唱した時である。女性陣から「歌、超うま~い」という歓声も上がっていたというのだ。斎藤にとってはいいリフレッシュになったようだ。

 しかし、この報道に野球ファンからは「back numberを練習してるヒマがあるなら、野球の練習しろよ」「自分の立ち位置わかってないの?」「いつ首切られてもおかしくないのに、すごい神経してるな」「大谷翔平は斎藤みたいにならなくて本当によかった」など、野球の成績に絡めて批判する書き込みが多数見られている──。

「オフ期間中ですから、つかの間の休息をどう過ごすのかは斎藤の自由ですが、批判が集まるのは、やはりそれだけ期待外れな成績しか残し続けられずにいることが強く影響しているでしょう。今オフの契約更改では5年連続ダウンとなる1830万円でサインしていましたが、いつ戦力外通告を食らってもおかしくない状況ですから、危機感が足りないと感じてしまいますよ。

実際、一昨年に日ハムが日本一に輝いた際にチームはハワイへ1週間のV旅行をしましたが、斎藤は参加を辞退。グアムでの自主トレに励んでいたことも考えると、今季のオフの過ごし方に疑問を抱いてしまうのも無理はないですよね。8月放送の『NEWS ZERO』(日本テレビ系)でのインタビューでは『引退とかクビとかというのはもちろん感じているというか頭の中にはある』とコメントしましたが、プロ野球選手の平均引退年齢が29.6歳(2016年NPB調べ)で、自身は今年6月で30歳。本人の中で覚悟が決まったというかあきらめがついているのかもしれません。プロ野球選手としての立場で参戦できる合コンもこれが最後かもしれませんしね」(スポーツ紙記者)

 入団が決まった早稲田実業高校の後輩でもある清宮幸太郎については「ぼくにとってもいいチャンス。後輩に負けないようにがんばりたい」と意気込みを語っている斎藤だが、ファンとしてはどうか悪影響だけは与えないでほしいというのが本音だろう。

(権田力也)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
胸の先がこぼれそう!マギー、「水着が下すぎバスト」に熱視線
2
「次のパトロン探しか?」板野友美が艶カット披露で揶揄される“焦り”心中
3
吉高由里子、「本番しなくていい?」迫った!/女優「初脱ぎ・初ベッド」秘話(1)
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
「22歳で死去」木村花さんの「凄絶現場」を格闘技ライターが克明証言