スポーツ

松坂大輔「中日移籍工作」のドロドロ舞台裏が明かされた!

 ソフトバンクからのコーチ契約オファーを蹴って退団を選んだ松坂大輔(37)の移籍先が、中日に決着する。1月下旬、名古屋での入団テストを経てから、ということだが、それはあくまでパフォーマンスであり、実質的な「内定」状態にある。

 そこに至るまでにはドロドロの舞台裏があった、と詳細に報じているのは1月9日発売の「週刊アサヒ芸能」(1月18日号)だ。

 総額12億円といわれる年俸を手にしながら、右肩の故障で、ソフトバンクで1軍登板したのはわずか1イニング。給料大ドロボーの最たるものである。そんな松坂に、コーチをやりながらリハビリ復活を目指すよう打診したソフトバンクの温情に対し、

「支配下登録を外れ、育成扱いでやることが気に入らなかったようで拒否し、退団の道を選びました。すぐに他球団からオファーがくると高をくくっていたのですが、どこからも声がかからず、焦り始めました」(球界関係者)

 そればかりか、「ソフトバンクからはコーチのオファーは受けてない」と周囲に話していることが王貞治球団会長、孫正義オーナーの耳に入った。当然、2人は激怒し、「二度とソフトバンクの敷居をまたがせるな」となったという。

 松坂は知人などを通じて、阪神と中日に「売り込み」をかける。若手育成を掲げる阪神は検討したものの、「採用」には至らず。西武時代から親交のあったデニー友利氏(現フロント)、森繁和監督がいる中日が松坂人気をアテ込んでの観客動員目当てで獲得を決めたのだった。

 その間、松坂の去就をめぐっては、「阪神に売り込み」との報道をはじめ、台湾紙も「台湾の複数球団に松坂サイドから接触」と伝えるなどしたが、松坂サイドはこれをことごとく否定。夕刊紙には「すべてガセ」「売り込んだのではなく阪神側から声をかけてきた」「台湾移籍話などない」「フェイクニュースだ」という、うぬぼれともとれる大放言が載った。実はこれをリークしたのが、松坂の意を汲んだ友利氏だというのだが…。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化