スポーツ

中日・京田陽太の「長嶋超え」という違和感と長嶋茂雄の異次元ぶりを再考!

 中日ドラゴンズ・ドラフト2位ルーキーの京田陽太が、新人最多安打リーグ記録に届こうとしている。

 18日には、1959年に江藤慎一が作った球団新人安打記録139安打を塗り替え、リーグ記録2位の巨人現監督・高橋由伸の記録140安打(1998年)に並んだ。

 セ・リーグ記録は「ミスタープロ野球」長嶋茂雄(巨人/1958年)の153安打。京田は、2日現在で148安打を放っており、残り4試合であと6安打と迫っている。

 ここで取り沙汰されるのが「長嶋超え」というワード。もちろん、京田の成績は素晴らしいことは前提として、おそらく自身が最も恐縮しているだろうこのフレーズは、あらゆる条件を無視した「あるシーズンの新人安打記録」という意味でしかない。

 もっとも、長嶋が記録を打ち立てた56年はシーズン試合数が130試合。現在は同一リーグで125試合、交流戦が18試合で合わせて143試合という単純な条件の違いもさることながら、長嶋は主力打者を務め打率.305、本塁打29本(伝説のベース踏み忘れによる取り消しもあり)、打点92。盗塁も37決めており、ベースの踏み忘れがなければ1年目にしてトリプルスリーを達成していた可能性が高いというオマケ付き。塁打数も290塁打(二塁打を34安打、三塁打も8安打している)とあり、現在、打率.270、199塁打の京田とは「別次元」の成績なのは言うまでもない。

 ちなみに(当時、記録として存在しなかったが)プロ野球新人最多安打記録としては「ミスタープロ野球ニュース」佐々木信也(高橋ユニオンズ/1956年)の180安打(236塁打)。この年のパ・リーグは8球団あったため、試合数が154だった。

 やはり、長嶋茂雄の初年度記録を超えるのは容易なことではない。

 まずは打率。長嶋茂雄の.305を超えるのは、坪井智哉の.327(阪神/1998年)、広岡達朗の.314(巨人/1954年)、石毛宏典の.311(西武/1981年)の3選手のみ。本塁打(29本)は31本の桑田武(大洋/1959年)、清原和博(西武/1986年)の2選手だけだ。打点(92打点)は96打点の戸倉勝城(1950年)だけである。

 さらに、盗塁は小坂誠の56盗塁(ロッテ/1997年)、佐藤孝夫の45盗塁(国鉄/1952年)、鈴木武の40盗塁(近鉄/1953年)、赤星憲広の39盗塁(阪神/2001年)の4選手のみ。改めて、長嶋の万能打者としての傑出ぶりが際立つ。その後の活躍については説明を省こう。

 ……「長嶋超え」。なんとも畏れ多い言葉だろうか。この大記録を貶める唯一の手段は、巨人が京田に対し、敬遠を連発することだったが、中日の残り試合は横浜DeNAと阪神戦。その心配もなさそうである。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
後輩芸人に弱気発言も…石橋貴明の“凋落の現場”をスクープ詳報!
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
大好評「激レアさんを連れてきた。」に“打ち切りの危機”が囁かれる深刻理由
5
「蚊?」「もう夏じゃない!」…TBS宇垣美里、“公然キスマーク”にネット民大混乱