芸能

釈由美子「愛息さらしブログ」休止宣言にママたちが冷ややか反応!

 釈由美子が9月30日にブログ休止を宣言して4日が経った。〈今月いっぱいで、育児ブログはお休みさせて頂くことに致しました〉とつづった最後の投稿には、休止を惜しむコメントが500件近く寄せられるなど、“大盛況”となっている。

「釈は一昨年10月に実業家とデキ婚。翌年6月に第一子の男児を出産した。結婚前から長く続けていたブログは、しだいに、子育ての話題がほとんどとなり、写真も愛息オンリーとなっていきました。ブログによれば、釈にとっては、ブログは息子の成長日記であり、育児の合間に《ほっと一息つける場所》のようで、子育ての悩みや喜びをブログ読者と共有、激励や忠告の一つ一つに《ひとりじゃないんだ》と実感できる癒やしの場所だったと告白しています。でも、一方で《プライベートなことを公の場で綴ることのリスク》を熟考し、《守るべきものの優先順位を考えて、息子のことをブログで発信し続けるのは難しいという結論》に達して、休止を決めたそうです」(芸能ライター)

 釈の指摘通り、愛息の写真は、申し訳程度に目の部分をスタンプで隠しただけ。個人情報漏れが厳しく糾弾される時代にあって、積極的に個人情報を発信するような形になっていた。そんな、釈の「天然すぎキャラ」由来と思われる無防備さが世間のママの反感を買ってしまっており、たびたび炎上騒動も起こしていた。

 釈はブログとツイッターを同じ内容で更新していたが、ツイッターもブログ同様、更新をストップ。最後のブログでは、〈これまでスマホに向かっていた時間やエネルギーをめいいっぱい息子に注ぎ 限られた貴重な育児期間を こころから楽しみたいと思います〉と宣言。ただし、同時に《折々では、ほっこりしたエピソードなどをお話できたらと思いますので たまに「坊は元気かな?」と思い出して 覗きにきてもらえましたら嬉しいです》とも綴っていた。

「このコメントを受けて、“アンチ釈”のママたちは、『どうせすぐに再開するに違いない』と踏んでいるようですね。あれだけ頻繁に更新していた釈が一気にストップさせられるわけもない、“ブログロス”ですぐ再開するだろうというわけです」(ネットライター)

 はたして釈は“禁断症状”にいつまで耐えられるか。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化