スポーツ

プロ野球2017覆面「ミサイル座談会」(2)セ王者の広島にもチーム崩壊の危機があった

C 先行き不安な巨人とは対照的に、セ王者の広島には明るい材料が豊富ですよね。

D でも一時はチーム崩壊の危機だったらしい。5月6日に9点差の大逆転負けを喫した甲子園での阪神戦。あの試合後、投手陣と野手陣の間に一触即発の空気が漂ってミゾが深まった。ここで立ち上がったのが新井貴浩(40)で、数日後に野手陣と投手陣を引き連れ、和解の飲み会を企画したそうです。あえて新井はイジられ役も買って出て場を盛り上げ、最後は参加メンバー全員がハグし合いながらノーサイド。新井が窮地を救ったといいます。

B 補足すると、その5月6日の試合後、すぐに新井のもとに海の向こうから連絡が入ったそうなんです。携帯から聞こえてきたのは、昨年まで在籍していた黒田博樹氏(42)の声。危機を察した黒田氏から「俺が間に入ろうか?」と言われたんですが、新井は「いや、ここで黒田さんに頼ってしまったら、自分たちは昨年と同じで何も変われない。ご厚意はありがたいですが、僕らだけで解決します」とやんわり断った。なんか思わずウルッと来るような男気トークですよね。

A 2位に滑り込んだ、阪神の金本知憲監督(49)だってアツいぞ。今季は金本チルドレンと呼ばれた高山俊(24)や原口文仁(25)がケガや不振で大半が2軍暮らしだったけど、ドラ1ルーキーの大山悠輔(22)がキラリと光る才能を随所で見せつけた。舞台裏で金本監督は大山に「俺はお前と心中するつもりや。だから思い切ってガンガン勝負してこい!」とハッパをかけまくっていたらしい。

C 8月8日の東京ドーム・巨人戦で4回6失点でKOされ、試合途中で大阪へ強制送還された岩貞祐太(26)とは、抹消後しばらく口もきかなかったそうです。ただ1カ月ぶりに1軍合流を果たし、9月30日の同じ東京ドーム・巨人戦で5回1失点と好投したあとには「よく戻ってきたな。一度地獄を見たヤツは強い。そのことを忘れるなよ」と言って肩をポンと叩き、労をねぎらったといいます。その言葉を聞いた岩貞は目に涙をためていた。硬軟使い分ける金本流操縦術で選手たちも意気に感じている。

D 巨人との3位争いに勝ち、下克上日本一を狙うDeNAはラミレス監督(43)の来季続投が正式に決まった。ただ正式に発表されたのは、10月1日の本拠地・広島戦で勝利した試合後です。その日までは、ある大物監督の誕生もまことしやかにささやかれていた。

B 前巨人監督の原辰徳氏(59)ですよね。実は原氏の右腕として野球界では有名なメディア関係者のX氏が高田繁GM(72)に水面下で接触し、来季監督就任を売り込んでいたといいます。原氏は現在も巨人の特別顧問という職にありますが、これは自分から契約を破棄することも可能なポジションだから足かせにはならない。当初はDeNAのCS進出が危うくなりかけたこともあって、ラミレス監督の解任と原新監督誕生が現実味を帯びてきていたんですが、それも3位確保で消滅した。一方で、巨人時代に原監督と確執のあった主砲・ロペス(33)が原氏の招聘に強い難色を示していたことも大きかったようですね。

<座談会メンバー>

A:(スポーツ紙デスク)/B:(球界OB)/C:(プロ野球中継スタッフ)/D:(ベテラン記者)/E:(NPB関係者)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
とんねるずとダウンタウンが完全和解!?“奇跡のタッグ”に向けて急加速
4
眞子様、佳子様からも選ばれなかった学習院大学から「廃校も…」悲鳴が!
5
カンニング竹山と後輩芸人のガチ喧嘩は放送作家の大失敗だった!?