芸能

美女アナ「艶カワ勢力図」が激変しているぞッ!(3)テレ朝は竹内由恵アナ頼りだったが…

 各局女子アナの勢力図が一目瞭然の「女子アナカレンダー」でも宇内梨沙アナ(26)、江藤愛アナ(31)、宇垣美里アナ(26)を中心に、15人の女子アナを各世代バランスよく配置したのがTBSだ。メディア関係者が続ける。

「中でも宇垣アナは、センターの位置でセーターの色もからし色だから、目立つことこの上ない。ジャニーズ・伊野尾慧との交際スキャンダルの影響が色濃く出ましたね。この表紙について、業界内では宇垣アナへの“懲罰配置”とも言われている。目立つことで、かえって女子アナとしての自覚を促しているという指摘もあるほどです。それでも絶大な男性人気から、彼女の今後の活躍は揺るがないでしょう」

 こうしたスキャンダルの影響は、TBSだけにとどまらない。さらに露骨なのが、テレビ朝日だ。局関係者によれば、

「昨年末に先輩の加藤泰平アナと不倫騒動を起こした田中萌アナ(26)は、テレ朝が発行したカレンダーの表紙から完全に消えています。実際、いくつかの新番組MC就任の予定が、全て飛んでしまいました」

 せっかくの若手のホープが、スキャンダルで消える一方、テレ朝もまた「勢力図」が大きく変わりつつあるという。テレ朝の現状について、同局社員が引き取って言う。

「数年前から『長らく竹内由恵アナ(31)に頼りすぎ』という意見が上層部から出ていて、“ポスト竹内由恵”の早急な育成が求められてきました。田中萌アナが筆頭だったんですが、不倫騒動で方針転換を迫られることになってしまった。そんな中、最適と目されているのが16年入社の森川夕貴アナ(24)なんです」

 昨年4月から「報道ステーション」で天気予報コーナーを担当している森川アナ。

「『報ステ』では無難に天気を伝えているだけですが、天然ボケの部分もあってキャラが立っています。でもまだテレビでは魅力の1割も見せていない」(前出・テレ朝社員)

 森川アナの知る人ぞ知る魅力といえば「弾力のある美乳」だ。

「今年の3月にサッカー日本代表の応援企画をフットサルコートで収録した際、彼女がボールを胸トラップしたのですが、推定Cカップ美乳の弾力がありありとわかる映像が撮れました。興奮して『これは永久保存版だ』と口走るスタッフもいた。今後、『やべっちFC』でも竹内アナの後釜になって、たびたび、胸トラップを披露してもらいたいところです」(前出・テレ朝社員)

 激変する各局の女子アナ勢力図。その動きはますます加速しているのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
4
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
5
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白