スポーツ

WBCジャパン暗雲、正捕手と4番が白紙になる

 投手の核がダルなら、野手は前回大会に続いて、ヤンキースのイチロー(39)に任せたいところだ。

「孤高のイチローは浮いてしまう側面もありますが、実績を考えれば、どんなメンバーが集まっても重しになる。ところが、マリナーズ時代とは違い、球団内での発言権が絶対ではなくなったイチローは、ヤンキース残留、他球団移籍にかかわらず、メジャーにいるかぎりは出場が不確定です」(前出・スポーツ紙デスク)

 キューバをはじめとする海外投手のムービングボールに対応するには、メジャー戦士の代表入りが不可欠だが、前回大会で3割2分4厘、7打点と活躍したブルワーズ・青木宣親(30)も出場は微妙である。

「レネキー監督からは『チームを離れることで何かを失うだろう』とプレッシャーをかけられています。たとえ代表入りしたとしても、投手同様に制約がつくでしょう。例えば、調整させるために一定の打席数に達するまでは下げさせないといった条件です。その場合、もちろん青木が打ち続ければ問題ないですが、不振になっても下げられないという弊害が出てきます」(前出・メジャー担当記者)

 前出・球界関係者は言う。

「第2回大会では、第1回大会の経験者がチームを牽引しました。今回も第2回大会の経験者が引っ張るのが理想です。ところが、イチローと青木は出場が不透明。来シーズンに再起をかける松坂にWBC出場の余裕はありません。城島健司(36)は引退し、オフにメジャー入りを目指す西武・中島裕之(30)、阪神・藤川球児(32)が新天地でのキャンプを軽視することはできない。そして両左腕、巨人・杉内俊哉(32)、オリオールズ・和田毅(31)も故障明けで、計算が立ちません

 メンバーが前回とはガラリと変わりそうな様相なのである。

 そんな中、山本監督は、半ば公然と、巨人・阿部慎之助(33)のキャプテン就任をほのめかしていたが、当の阿部は日本シリーズ第3戦途中から右膝の負傷で欠場している。

「阿部の故障は長引きそうですよ。もともと巨人では『凡打で無理して走らなくていい』と指示が出ているほどの状態なんです。たとえWBCまでに日本シリーズ前の状態に戻ったとしても、代表の試合で走らないなどもってのほかでしょう。すでに、“おかわり”こと西武・中村剛也(29)も10月中に左膝の手術を受けたばかりで出場は絶望的。もし阿部までいなければ、正捕手と4番が白紙の状態となります」(巨人番記者)

 早くも暗雲が垂れこめ始めたが、野球評論家の江本孟紀氏は冷静にこう語る。

「いっそのこと、代表選手を24歳以下に限定して、もう若い選手に任せたらどうでしょう。そして引退したばかりで現場を知る、金本と小久保をコーチで入れるんです。監督は誰がやってもいいでしょう」「浩二ジャパン」には、3連覇に向け、こうした逆風をはね返してほしいものだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
我慢の限界?ホラン千秋、「バイキング」坂上忍に言い放ったハラスメント悲鳴
2
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”
3
大沢たかお、広瀬香美との“格差婚”で安らげなかった主夫生活
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
隙間から見えてる!?島崎遥香、カメラに映っちゃった「美バスト」にファン熱視線