芸能

にゃんこスター、縄跳び役をダウンタウンが「交代させた」真意とは?

 12月20日の「水曜日のダウンタウン」(TBS系)で「にゃんこスターのネタ縄跳びが上手ければ上手いほど面白い説」が放送された。これは、にゃんこスターのアンゴラ村長による「リズム縄跳びの発表会」という設定で行われる例のコントだが、アンゴラ村長に代わり、縄跳びの達人たちが登場するというものだった。

 数々の縄跳び選手権での優勝経験があるプロ、「サビで跳ばない時」にシャドーボクシングをするボクサー、ダブルダッチ(2本の縄を使い、2人の回し手が内側に回し、ジャンパーが技を交えながら跳ぶ競技)の世界チャンピオンらが登場し、コントを披露した。結果的には松本人志含め、この日の出演者も爆笑となり「説」が「立証」された。テレビ誌ライターが解説する。

「VTRに入る前に、松本人志が、キングオブコントのファイナルステージで披露した縄跳びをフラフープに変えたネタについて『フラフープのほうは、縄跳びほどうまくなかったから面白くなかった』と発言してました。実際、縄跳びのネタでは97点を付け、2度目のフラフープでは94点でした。それでも高得点なので一気に『にゃんこスターバブル』が始まりましたが、2人の交際発表などで、早くもバブルが弾けつつあります。そんな中、この説の検証VTRはネットでは大好評。《にゃんこスター超えたw》《本家よりいい》《これはにゃんこスター潰し》といった書き込みで盛り上がり、スタジオでも『大塚愛のさくらんぼがいい曲』とシメられましたが、まさに一夜にしてにゃんこスターを“スター”にしたあのネタを再検証したかのような内容でした」

 このライター氏によれば、TBS、しかもダウンタウンの番組で検証された、という点が「重要」だという。VTRでは、縄跳びの達人が、自分の相方で彼氏のスーパー3助とネタをしている様を見守るアンゴラ村長は言葉少なで、その縄跳び技に小声で「すごい…」と言っている程度。達人たちに「圧倒された」という構成になっていた。

「ダウンタウンからの『リズム縄跳びネタ』の一発屋で終わるな!というゲキにも見えました。実際、キングオブコントで高得点を取った反面、視聴者層からは『ひとつも面白くない』という声も少なくない。この年末に、このネタをいろんな番組で披露して区切りをつけ、新年のお笑い特番では、新しいネタで再スタートをきった姿を個人的には見てみたいですよ」(前出・テレビ誌ライター)

 2018年、新ネタの出来が「2人の交際継続」のカギを握っているのだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
4
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道