芸能

弘兼憲史×蛭子能収「人生は70歳からが最高だ」(3)稼いだお金は全部妻に渡してる

弘兼 蛭子さんは最初の奥さんを病気で亡くされたそうですね。

蛭子 今から17年前。彼女が54歳の時でした。

弘兼 その2年後に、19歳年下の今の奥さんと再婚されたとか。

蛭子 雑誌が企画したお見合いパーティーで知り合いました。その前にもファンレターをくれた人に会いに行ったり、女性マネージャーにも声をかけたりしていたんですけど。

弘兼 奥さんが亡くなってすぐですか!?

蛭子 そうです。すごく寂しくて、女性がいないとやっていけないと思ったんです。

弘兼 男性の場合、奥さんがいなくなって「やった!」ってうれしく思う人と、ものすごく落ち込む人の二通りありますよね。

蛭子 「やった!」なんて思う人がいるんですか。

弘兼 わりと多いですよ。

蛭子 僕はすごく落ち込んだんですよ。

弘兼 もしかして、独り暮らしは苦手ですか。

蛭子 苦手ですね。

弘兼 僕は独り暮らしが大得意なんです。僕とカミさんは今、別のところに住んでいて、週に1回は会ったりしますが、ふだんは別の生活を楽しんでいます。

蛭子 それだと奥さんが浮気してもわからないじゃないですか。ウフフ。

弘兼 でも、誰にも遠慮することがない独り暮らしはパラダイスですよ。

蛭子 へえー。

弘兼 結婚を卒業する「卒婚」という言い方をしているんですが、一緒に暮らさないで、それぞれ自分の空間で自由に暮らす生き方もいいものですよ。

蛭子 信じられないなァ。

弘兼 蛭子さんは、奥さんとは旅行にも行くそうですけど、僕と同世代の男性は、奥さんを旅行に誘っても「嫌だ」って断られるって。

蛭子 そうなんですか。

弘兼 「あなたと行くなら女友達と行ったほうが楽しい、だからお金だけちょうだい」って。

蛭子 そうですか。俺は旅行に行ったら女房を優先しますね。「路線バスの旅」では自分で好きなものばかり食べてましたけど、女房と行ったら合わせますね。

弘兼 アハハハ。でもいつも一緒にいたら、奥さんから文句を言われませんか。

蛭子 それはあります。俺があまり怒らないから、言いやすいのかなァ。

弘兼 一人だったら、自分が稼いだお金を好きに使えるんですよ。

蛭子 でも、俺一人だったら稼いだお金を全部使っちゃうかもしれないし。

弘兼 それはそうだ(笑)。

蛭子 今はお小遣い制で、奥さんが全部管理してるんです。だからキャッシュカードも持っていません。

弘兼 競艇に行く時は?

蛭子 「小遣いちょうだい」って。

弘兼 1回、100万円くらい持っていかれる?

蛭子 いえ、いつも2万円くらいですね。

弘兼 奥さん、しっかりしてますね。

蛭子 とにかくそうしたほうが丸く収まると思うんです。ケンカがしたくないんですよ。だから全部任せたほうがいいかなって。

弘兼 相当、奥さんの尻に敷かれている感じですけど。

蛭子 何かいいアドバイスはありますか。

弘兼 やっぱりキャッシュカードは自分で持ったほうがいいと思いますよ。

蛭子 でも女房にお金を残してあげないと、怒っちゃうから‥‥。

弘兼 そうか、優しいなぁ。でも、確かに相手を怒らせないように気を遣うことが夫婦円満の一番の秘訣ですよね。

弘兼憲史(ひろかね・けんし) 1947年山口県生まれ。早稲田大学法学部卒業後、松下電器産業(現パナソニック)勤務を経たのち、74年に「風薫る」で漫画家デビュー。「人間交差点」で小学館漫画賞、「課長島耕作」で講談社漫画賞、「黄昏流星群」で文化庁メディア芸術祭優秀賞と日本漫画家協会賞大賞を受賞。07年には紫綬褒章を受章。現在、「島耕作シリーズ」や「黄昏流星群」を連載中。

蛭子能収(えびす・よしかず) 1947年長崎県生まれ。高校卒業後、看板店、ダスキン配達などの職業を経て33歳で漫画家デビュー。現在、俳優、タレントとしても活躍。主な著書に「正直エビス」「ひとりぼっちを笑うな」「蛭子の論語」など。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
人気女優「セレブ」と金欠くらべてみました(1)石原さとみは“リアル高嶺の花”
4
カンニング竹山と後輩芸人のガチ喧嘩は放送作家の大失敗だった!?
5
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?