芸能

弘兼憲史×蛭子能収「人生は70歳からが最高だ」(3)稼いだお金は全部妻に渡してる

弘兼 蛭子さんは最初の奥さんを病気で亡くされたそうですね。

蛭子 今から17年前。彼女が54歳の時でした。

弘兼 その2年後に、19歳年下の今の奥さんと再婚されたとか。

蛭子 雑誌が企画したお見合いパーティーで知り合いました。その前にもファンレターをくれた人に会いに行ったり、女性マネージャーにも声をかけたりしていたんですけど。

弘兼 奥さんが亡くなってすぐですか!?

蛭子 そうです。すごく寂しくて、女性がいないとやっていけないと思ったんです。

弘兼 男性の場合、奥さんがいなくなって「やった!」ってうれしく思う人と、ものすごく落ち込む人の二通りありますよね。

蛭子 「やった!」なんて思う人がいるんですか。

弘兼 わりと多いですよ。

蛭子 僕はすごく落ち込んだんですよ。

弘兼 もしかして、独り暮らしは苦手ですか。

蛭子 苦手ですね。

弘兼 僕は独り暮らしが大得意なんです。僕とカミさんは今、別のところに住んでいて、週に1回は会ったりしますが、ふだんは別の生活を楽しんでいます。

蛭子 それだと奥さんが浮気してもわからないじゃないですか。ウフフ。

弘兼 でも、誰にも遠慮することがない独り暮らしはパラダイスですよ。

蛭子 へえー。

弘兼 結婚を卒業する「卒婚」という言い方をしているんですが、一緒に暮らさないで、それぞれ自分の空間で自由に暮らす生き方もいいものですよ。

蛭子 信じられないなァ。

弘兼 蛭子さんは、奥さんとは旅行にも行くそうですけど、僕と同世代の男性は、奥さんを旅行に誘っても「嫌だ」って断られるって。

蛭子 そうなんですか。

弘兼 「あなたと行くなら女友達と行ったほうが楽しい、だからお金だけちょうだい」って。

蛭子 そうですか。俺は旅行に行ったら女房を優先しますね。「路線バスの旅」では自分で好きなものばかり食べてましたけど、女房と行ったら合わせますね。

弘兼 アハハハ。でもいつも一緒にいたら、奥さんから文句を言われませんか。

蛭子 それはあります。俺があまり怒らないから、言いやすいのかなァ。

弘兼 一人だったら、自分が稼いだお金を好きに使えるんですよ。

蛭子 でも、俺一人だったら稼いだお金を全部使っちゃうかもしれないし。

弘兼 それはそうだ(笑)。

蛭子 今はお小遣い制で、奥さんが全部管理してるんです。だからキャッシュカードも持っていません。

弘兼 競艇に行く時は?

蛭子 「小遣いちょうだい」って。

弘兼 1回、100万円くらい持っていかれる?

蛭子 いえ、いつも2万円くらいですね。

弘兼 奥さん、しっかりしてますね。

蛭子 とにかくそうしたほうが丸く収まると思うんです。ケンカがしたくないんですよ。だから全部任せたほうがいいかなって。

弘兼 相当、奥さんの尻に敷かれている感じですけど。

蛭子 何かいいアドバイスはありますか。

弘兼 やっぱりキャッシュカードは自分で持ったほうがいいと思いますよ。

蛭子 でも女房にお金を残してあげないと、怒っちゃうから‥‥。

弘兼 そうか、優しいなぁ。でも、確かに相手を怒らせないように気を遣うことが夫婦円満の一番の秘訣ですよね。

弘兼憲史(ひろかね・けんし) 1947年山口県生まれ。早稲田大学法学部卒業後、松下電器産業(現パナソニック)勤務を経たのち、74年に「風薫る」で漫画家デビュー。「人間交差点」で小学館漫画賞、「課長島耕作」で講談社漫画賞、「黄昏流星群」で文化庁メディア芸術祭優秀賞と日本漫画家協会賞大賞を受賞。07年には紫綬褒章を受章。現在、「島耕作シリーズ」や「黄昏流星群」を連載中。

蛭子能収(えびす・よしかず) 1947年長崎県生まれ。高校卒業後、看板店、ダスキン配達などの職業を経て33歳で漫画家デビュー。現在、俳優、タレントとしても活躍。主な著書に「正直エビス」「ひとりぼっちを笑うな」「蛭子の論語」など。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
4
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声
5
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!