スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「穴はサクステッドの変わり身」

 年が明けて徐々にクラシック候補の顔ぶれがしぼれてきた。今週の京成杯は、皐月賞、ダービーへの一里塚。同じ中山芝2000メートルで行われたホープフルSが昨暮れよりGIに昇格。それだけに、メンバーを比べると、やや小粒である。

 しかし、だからといって、どんな大物が隠れているか。キャリア1、2戦の馬が多いだけに、わかりはしない。そうした値踏みをしながら検討、観戦するのが、明け3歳戦の楽しみでもある。

 このレースを勝ってダービーを制した馬に近年、エイシンフラッシュがいるが、他ではナカヤマフェスタ(09年2着。宝塚記念勝ち。凱旋門賞2着)ぐらいで、やはり全体からすれば評価は劣るのか。

 今年はどうだろう。ざっと見渡したところでは、昨年(勝ち馬コマノインパルス)より、レベルが高いと思えてならない。ジェネラーレウーノ、デルタバローズなどはそのクチではないか。いずれにせよ、見応えあるレースが期待できそうだ。

 この重賞に馬単が導入された03年以降、これまでの15年間、その馬単で万馬券になったのは4回(馬連0回)。とはいえ、この間、1、2番人気とも連対を外したのはわずか2回。人気、有力どころから何点か手広く流すのが馬券の妙味と言えそうだ。

 あらためて顔ぶれを見てみよう。新馬戦を勝ったのみだが、前記したデルタバローズは、勝ちっぷりのよさから、なかなかの逸材であることは確かだ。少し間隔を開けたが、短期放牧でリフレッシュされ、ここ目標にきっちりと調整されてきている。評価どおり、有力候補の一頭であることに違いない。

 着差はわずかだが、2着馬を競り落として未勝利を勝ち上がったエイムアンドエンドは、母が重賞(福島牝馬S)勝ち馬で、ゼンノロブロイ(天皇賞・秋、ジャパンC、有馬記念)を近親に持つ良血。これからの成長が見込める。

 が、そうした評価の高い馬以上に注目したいのが、サクステッドだ。穴党としては、こいつをイチオシしたい。

 デビュー戦は単勝67.1倍の大穴での完勝。周囲を驚かせたが、前走の萩Sは5着。しかしこれは、一息入ったあとで、重め残りの状態。しかも道悪(重馬場)で終始ノメりどおし。脚を取られていたため、参考外にしてもいい。

 使われた今回は違う。短期放牧でしっかりとケアされ、乗り込み量は豊富。中間の稽古の動きも滑らかで、実にリズミカル。状態は一変しているだけでなく、成長さえうかがわせている。

「馬体が引き締まって、たくましくなっている。動きも伸びやかになっており、背丈も伸びた。前走とは違う」

 こう言って目を細めるのは、小西調教師。ならば変わり身が見込めるというものだ。

 父タートルボウルは、GI1勝の一流とは言いがたいマイラーだったが、種牡馬として成功。母系もよく、アルナスライン(菊花賞、天皇賞・春ともに2着)など、近親、一族に活躍馬が多くいる。新馬戦で見せた上がり33秒9の強烈な末脚が武器で、器用さがあって立ち回りも上手。直線に坂のある小回りの中山芝2000メートルは、ピッタリではないだろうか。良馬場条件に大きく狙ってみたい。

 連下は当然、有力どころということになるが、注目したいのは1戦1勝のイェッツトだ。

 金成調教師みずから「隠し玉」と公言し、そのとおり、26.6倍の単勝でデビュー戦を完勝。それでいて「六~七分の仕上がり」(金成師)だったのだから、上がり目は十分。中間も順調そのものとあって、目は離せない。

 ライトカラカゼにも注意を払いたい。こちらはクリールカイザー(AJCC)の全弟。レースセンスはクリールカイザーより上との評判だけに、軽視は禁物だ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すずや橋本環奈も被害?女優の「透けバスト」動画を載せたYouTuberが物議!
2
太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ旅」奇跡の逆転劇裏で起きた“アクシデント”
3
石田ゆり子が「ヘアー写真」を次々公開!注目は陽光に輝く「ふんわりバスト」
4
中村獅童の“お花畑”再婚に「竹内結子と子供の立場がない」と集中砲火!
5
「キングオブコント」お笑い業界内で囁かれる「審査員への不満」とは?