芸能

天才テリー伊藤対談「アキラ100%」(3)コンビから1人になって悩みました

テリー 最近は40歳ぐらいでも「若手」と言われる芸人は多いけど、その中でもアキラさんは遅咲きだよね。それまでは、何をしてたの。

アキラ 僕、もともとは役者志望で、大学卒業後に養成所に行ったりしていました。

テリー あ、そうなんだ。確かに、男前だもんね。

アキラ いえいえ。でも、全然芽が出なくて、30歳の時に「このままじゃダメだ」と思って、お笑いを始めました。

テリー そこで、お笑いを選んだ理由は?

アキラ 昔から好きだったのもありますけど、芝居は人数がたくさん必要じゃないですか。でも、お笑いなら2人とか少人数でもできますから。それで、大学時代の同級生を誘ってコンビを組んだんです。

テリー 30歳だと、相方もけっこう大きな決断だったんじゃないかな。

アキラ 相方はその時、広告代理店で仕事していたんですけど、激務で体を壊したりしたこともあって、ちょうど会社を辞めて違うことをやりたいと思っていた時期だったそうです。「おもしろそうだし、やってみようか」と。そこからコンビで5~6年活動しました。

テリー ネタはどっちが作っていたの?

アキラ 僕です。でも、全然ダメでした。「エンタの神様」にも一度出させてもらったんですけれど、なかなか次につながっていかなくて‥‥。「キングオブコント」も、たいてい3回戦ぐらいで落ちていましたし。

テリー それは、つらい状況だなァ。

アキラ そうなんですよ。それで35歳ぐらいの時に相方といろいろ話し合って、「来年1年、何もなかったら辞めよう」と。そしたらその1年、ホントに何もなくアッという間に過ぎたんです(苦笑)。で、コンビは解散。

テリー そんな状況で、よく続けたね。

アキラ やっぱり未練があったんです。自分がおもしろいと思ってずっと作ってきたコントが、全然認められなかったので。それで、「もし、いい相方が見つかったら、その時に組めばいいや」くらいの気持ちで、なんとなく1人で始めてみたんです。

テリー へェ、その気の抜け方が逆にプラスに働いたのかな。

アキラ どうでしょうか。それでも、もともと芝居出身なもので「人とどう関わって笑ってもらうか」みたいなことばかり考えていたので、1人のコントなんて何をやっていいのか、最初は全然わからなかったですね。

テリー ツッコミもボケもないもんね。1人で問いを出して、しかも答えを出さなくちゃいけない。

アキラ そうなんですよ。見た目も中肉中背で、顔が濃いわけでも薄いわけでもなく、いたって普通なものですから‥‥。

テリー インパクト不足を自覚してたのか、それはつらいなァ。

アキラ ネタは何をやっても中途半端というか、「スベらないけど、バカウケもしない」みたいな感じだったんですよね。それで本当に「これはダメだな」と悩んでいた時に、ダウンタウンさんの番組のオーディションのお話をいただいたんです

テリー そうか、さっき「やけっぱち」って言ってた意味がよくわかったよ。しかし“裸一貫”って言葉があるけど、まさにそれを地で行くような起死回生だったんだね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
習近平が金正恩に重大警告!北朝鮮「地下核実験」がもらたす「不気味な奇病」と「白頭山大噴火」
2
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
3
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
4
「体の関係だけの女がいても…」サッカー田中碧と交際する鈴木愛理の大胆思考は「アリかナシか」
5
サッカー超辛口批評の闘莉王がシリア戦代表メンバーを「手のひら返しのベタ褒め」大異変