エンタメ

映画「空海」公開記念対談!「平安の超天才」は3カ月で密教の祖師になった(3)最澄が空海に「弟子入り」志願

河合 空海は密教の神髄を学んで、留学僧は20年いなければいけないところを勝手に2年余で帰ってくるんです。これは大変な違法行為だったので、それから3年間くらい都に戻らない。様子見をしていたのでしょう。一方、最澄は朝廷から派遣された特待生だったのでもっと短期間で帰国しましたが、空海が密教の経典や最新の土木技術の知識だとかを持ち帰ったことを知ります。空海が持参した経典や書籍、仏像、仏具、曼荼羅などの膨大な品々を目録にして朝廷に提出したからです。最澄は都の仏教界の重鎮(じゅうちん)でしたが、それに強く興味を示し、空海が都に入れるよう取り計らったといいます。

美甘子 最澄って空海のライバルだと思ってたけど、空海の才能を認めていたんですね。

河合 実は最澄のほうが7つ年上で偉い地位だった。でも、ライバルというより、空海からいろんなことを教わっていくんです。

美甘子 おもしろい関係ですね。最澄さんも柔軟で偉いですね。

河合 謙虚に教えを請うた最澄は本当に立派です。ところが、弟子のやりとりや、最澄が礼を尽くして密教の経典(理趣釈経・りしゅしゃくきょう)を借りたいと申し出たものの、密教は文字で伝えるものではないと、空海はその依頼を断った。そして2人の関係は悪くなるのです。

美甘子 考え方が違ったんですね。

河合 仏教は、それまで国家の平安を願う鎮護国家(ちんごこっか)という考え方が中心でしたが、空海はそれに加えて、個人の幸せを実現するという考え方を持ち込んだと言われています。加持祈祷(かじきとう)などによって人々の願いや幸せをかなえるということで、当時の貴族たちが集まってきた。嵯峨天皇なども空海を信頼し、東寺(とうじ)などの寺院を与庇護(えひご)しますが、空海は静かに修行できる場が欲しいと、高野山に金剛峯寺(こんごうぶじ)を開きます。

<プロフィール>

河合敦(かわい・あつし)1965年、東京都出身。青山学院大学文学部史学科卒業、早稲田大学大学院博士課程単位取得満期退学(教育学研究科社会科教育専攻日本史)。高校教師27年の経験を生かし、歴史研究家、歴史作家として講演、執筆、テレビをはじめとするさまざまなメディアで日本史の解説を行っている。新書判「大久保利通 西郷どんを屠った男」(徳間書店・2月28日刊)など著書多数。昨年は自身初の歴史小説「窮鼠の一矢」(新泉社)を上梓。

美甘子(みかこ)1982年生まれ。愛媛県今治市、国宝とロマンの島・大三島出身。専修大学文学部日本語日本文学科卒業。坂本龍馬など歴史上の人物をこよなく愛する「歴ドル」として、テレビ、ラジオ、雑誌などで活躍中。高知県観光特使、神々の国 宮崎PR大使、いよココロザシ大学生徒会長なども務める。著書に「龍馬はなぜあんなにモテたのか」(KKベストブック)などがある。趣味は歴史上の人物のお墓参りと、昭和の香り漂う純喫茶巡り。特技は幕末の志士たちの変名や辞世の句が言えること。

「空海-KU-KAI-美しき王妃の謎」全国東宝系にてロードショー

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
2026年WBC「ピッチクロック採用」に猛反対する日本球界の交換条件は「大谷翔平DHルール」
2
【こりゃ何だ!?】空から羊・熊・鹿の肉が大量に降ってきた!「ファフロツキーズ現象」の研究結果
3
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
4
新庄剛志監督から「仰天指令」が出る!オールスター出場に怯える日本ハムナインのボヤキ
5
新庄剛志と日本ハムが去って「札幌ドーム」は火の車に!3時間で赤字が1億円超も増える「悪夢」