エンタメ

映画「空海」公開記念対談!「平安の超天才」は3カ月で密教の祖師になった(3)最澄が空海に「弟子入り」志願

河合 空海は密教の神髄を学んで、留学僧は20年いなければいけないところを勝手に2年余で帰ってくるんです。これは大変な違法行為だったので、それから3年間くらい都に戻らない。様子見をしていたのでしょう。一方、最澄は朝廷から派遣された特待生だったのでもっと短期間で帰国しましたが、空海が密教の経典や最新の土木技術の知識だとかを持ち帰ったことを知ります。空海が持参した経典や書籍、仏像、仏具、曼荼羅などの膨大な品々を目録にして朝廷に提出したからです。最澄は都の仏教界の重鎮(じゅうちん)でしたが、それに強く興味を示し、空海が都に入れるよう取り計らったといいます。

美甘子 最澄って空海のライバルだと思ってたけど、空海の才能を認めていたんですね。

河合 実は最澄のほうが7つ年上で偉い地位だった。でも、ライバルというより、空海からいろんなことを教わっていくんです。

美甘子 おもしろい関係ですね。最澄さんも柔軟で偉いですね。

河合 謙虚に教えを請うた最澄は本当に立派です。ところが、弟子のやりとりや、最澄が礼を尽くして密教の経典(理趣釈経・りしゅしゃくきょう)を借りたいと申し出たものの、密教は文字で伝えるものではないと、空海はその依頼を断った。そして2人の関係は悪くなるのです。

美甘子 考え方が違ったんですね。

河合 仏教は、それまで国家の平安を願う鎮護国家(ちんごこっか)という考え方が中心でしたが、空海はそれに加えて、個人の幸せを実現するという考え方を持ち込んだと言われています。加持祈祷(かじきとう)などによって人々の願いや幸せをかなえるということで、当時の貴族たちが集まってきた。嵯峨天皇なども空海を信頼し、東寺(とうじ)などの寺院を与庇護(えひご)しますが、空海は静かに修行できる場が欲しいと、高野山に金剛峯寺(こんごうぶじ)を開きます。

<プロフィール>

河合敦(かわい・あつし)1965年、東京都出身。青山学院大学文学部史学科卒業、早稲田大学大学院博士課程単位取得満期退学(教育学研究科社会科教育専攻日本史)。高校教師27年の経験を生かし、歴史研究家、歴史作家として講演、執筆、テレビをはじめとするさまざまなメディアで日本史の解説を行っている。新書判「大久保利通 西郷どんを屠った男」(徳間書店・2月28日刊)など著書多数。昨年は自身初の歴史小説「窮鼠の一矢」(新泉社)を上梓。

美甘子(みかこ)1982年生まれ。愛媛県今治市、国宝とロマンの島・大三島出身。専修大学文学部日本語日本文学科卒業。坂本龍馬など歴史上の人物をこよなく愛する「歴ドル」として、テレビ、ラジオ、雑誌などで活躍中。高知県観光特使、神々の国 宮崎PR大使、いよココロザシ大学生徒会長なども務める。著書に「龍馬はなぜあんなにモテたのか」(KKベストブック)などがある。趣味は歴史上の人物のお墓参りと、昭和の香り漂う純喫茶巡り。特技は幕末の志士たちの変名や辞世の句が言えること。

「空海-KU-KAI-美しき王妃の謎」全国東宝系にてロードショー

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ
3
ともさかりえ、アラフォーバスト「前屈み渓谷」「圧迫こぼれ」躍動写真に騒然
4
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
5
加藤紀子がお風呂シーンにやる気まんまん!かまいたち濱家が大興奮の艶シーン