芸能

木村拓哉、「BG」の好調は“山口智子のおかげ”ではなかった!?

 木村拓哉が民間ガードマン役で主役を務めるドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系)が好調だ。3月1日放送の第7話ではシリーズ最高の15.8%をマーク。第3週から4回連続で視聴率を上げ続けている。

 そんな好調の要因とされているのが、第6話から出演している山口智子と萩原聖人の存在だという。山口とは96年4月期放送の大ヒットドラマ「ロングバケーション」(フジテレビ系)以来22年ぶり、そして萩原とは94年10月期のドラマ「若者のすべて」(フジテレビ系)から数えて実に24年ぶりの共演となっている。

「二人が初登場した第6話では前回から0.8ポイント上昇し、続く第7話では一気に1.0ポイントを積み上げました。おそらく第6話の評判を聞きつけたドラマファンが、山口と萩原を見たさにチャンネルを合わせたのでしょう。ただ懐かしの組み合わせという点では、昨年1月期のドラマ『A LIFE~愛しき人~』でも竹内結子と13年ぶりの共演を果たしています。その『A LIFE』をいまや『BG』は上回っており、他にも好調の要因はあるはずです」(テレビ誌のライター)

 そもそも山口らとの共演にしても、大学生までの若者にとっては生まれる前の話に過ぎず、わざわざチャンネルを合わせる理由にはならないはず。むしろ別の要因が『BG』の視聴率を支えているというのである。

「やはり今回のガードマン役が木村にハマっている点は大きいでしょうね。前作の『A LIFE』では医者を演じましたが、世間からは少なからず『キムタクが医者って言われてもリアリティないし』との声も聞こえていました。それが肉体を駆使するガードマンであれば、多少は老けたとはいえ、キムタクらしさにあふれた役と言えます。これがスポーツ選手の役となると、さすがに無理があるものの、ガードマンなら45歳で現役でも不思議はなく、実に絶妙な設定に感じられます」(前出・テレビ誌ライター)

 ガードマンというハマリ役×懐かし共演者の顔ぶれというダブル効果で、「BG」はさらに視聴率を上げていくのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木村拓哉、「グランメゾン東京」でのセリフが“違和感”放っちゃった理由!
2
鈴木亜美、幼少期の極貧生活告白で思い出される「アノ人との恋愛」
3
ミニ丈スカートにワキ見せも!「北朝鮮スッチーカレンダー」を入手公開
4
“SNS開設”を拒んだ新垣結衣が絶対にプライベートを見られたくないワケ
5
常盤貴子、美麗ドレス姿の“クビレ”に称賛の嵐も胸に「ある疑惑」が急浮上!