放射能

政治

「第二次朝鮮戦争」で日本列島が放射能に覆われる!(3)韓国原発は日本海側に集中

そして、直接的な基地への攻撃よりも恐ろしいのが“放射能汚染”である。日本国内の原発にミサイルが飛んでくることも十分に想定されるうえに、仮に韓国の原発が破壊された場合でも、日本列島が放射能に覆われる最悪の事態を引き起こすというのだ。「北朝鮮に…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , |
社会

福島“避難指示”区域 TV・新聞が報じない驚愕事態!(1)飯舘村はまるで野生動物園

東日本大震災から5年が経過したが、マスコミの報道は3月に集中。国民の関心もしだいに薄れていく中、南相馬市出身で現在も「原発禍の街」を取材し続けている岡邦行氏が、テレビ・新聞が報じない“真の姿”を暴く!福島では駅前や商店街などに「ようこそ!福…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

韓国メディアが事実無根のデタラメ報道で福島“日本酒”が風評被害に

人気グルメ漫画主人公の「鼻血描写」騒動を最後に、ようやく国内で鎮静化した感のある福島県への風評被害。ところが反日路線を続ける韓国で、聞き捨てならない風評がタレ流されていた。現地テレビ局と韓国国会議員が連係して騒ぎたてる「衝撃ニュース」を検証…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

福島原発被災児童の作文でわかった“1000日の慟哭”(2)「時が過ぎても心は癒されない」

福島においては、男児のみならず女児にも、深刻な悩みをもたらしている。激しい怒りを原稿用紙5枚にぶつけたのは、富岡町の小学校4年生の女児だった。〈毒ガスが来るので〉何も持たずに家族と、福島県内を避難し続けた女児に一本の連絡が届いたのだ。〈ひい…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , , , , , , |
社会

福島原発被災児童の作文でわかった“1000日の慟哭”(1)「震災が頑張る子供たちの気持ちを奪い続けている」

津波被害とは明らかに性質の違う、福島原発による放射能被害。被災した子供たちの作文からは、一つも進まない復興の現実が読み取れるのだ。4月1日に、福島第一原発事故後、初めて避難指示区域が解除されることが決定した。岩手、宮城、福島の115人の子供…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , , , , |
社会

離婚アドバイザーが明かす“大震災で壊れた夫婦たち”(3)「震災で妻がノイローゼになり…」

放射能でノイローゼ気味になってしまった妻を持て余した埼玉県在住の桜木淳史さん(45)=仮名=は、大学の理学部で原子力を教える教員であったというから、何とも皮肉である。妻とは少々金銭感覚が異なったり、妻の実家と折り合いが悪かったりという問題が…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , , |
社会

福島自治体職員が被災地のタブーを暴露(3)「有害物質に対しては徹底調査を」

Bこのところ、福島第一原発では観測用の井戸水から突出した量の放射性物質が検出されている。A昨年7月、福島第一原発敷地内の地下水から1リットル当たり500万ベクレルのストロンチウム90が検出されたことを把握しながら今年2月まで公表しなかった。…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , , |
社会

福島自治体職員が被災地のタブーを暴露(1)「風評被害で企業が県外に出ていってしまう」

東日本大震災から、まもなく丸3年。被災地の各県では、いまだに新聞・テレビが報じきれないさまざまな問題が山積しているが、中でも福島県の悩みは原発被災地でもあるだけに複雑だ。福島県下の複数の自治体職員に、住民には伝わらない「タブー実態」を“守秘…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , , , |
社会

中国人「津波ゴミ“闇”ビジネス」の驚愕実態とは?(2)

ベトナム人が勝手に売りさばくのは、これだけにとどまらない。車のタイヤに付いているホイールも、溶かして原料として売るのだという。さらにはテレビやパソコン。液晶が高く売買できるからだ。A氏が解説する。「現地で自社工場を持っているヤツもいて、要す…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , , , |
社会

“美味しんぼ”作者・雁屋哲 福島関連の放言で県民から非難の嵐

人気グルメマンガ「美味しんぼ」(小学館)の作者・雁屋哲氏(72)が、オーストラリアの生活情報サイトで語ったインタビューが波紋を広げている。「福島の真実」として語られた数々の“放言”は、復興を願う人々にとって看過できないものだった。〈これは私…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , , , , , |
社会

現場作業員が独占激白!福島原発4号機 「燃料棒取り出し」の凄絶実態!(3)

現場は常軌を逸した惨状が続いている。ちなみに八木澤氏はこんな話を聞いたという。「福島原発が水素爆発した際、何号機のものかは定かではないが、燃料棒の一部が敷地の中に落ちていた。しかし非常に線量の高いものでしょ。では、どうしたかというと、遠隔操…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |
社会

現場作業員が独占激白!福島原発4号機 「燃料棒取り出し」の凄絶実態!(2)

福島第一原発の取材を続けている八木澤高明カメラマンは、「政府は本当に原発がコントロールされていると思っているのか。思っているとしたらあまりに無責任」と前置きし、こう語る。「今、燃料棒の取り出し作業に当たるベテラン作業員は36名いると言われま…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |
社会

現場作業員が独占激白!福島原発4号機 「燃料棒取り出し」の凄絶実態!(1)

去る11月18日から始まった福島第一原発4号機の燃料棒取り出し作業──。燃料プール内に散乱する瓦礫が取り出しの邪魔になり、空気に触れると高濃度の放射能が拡散、「全員即死」の最悪事態も懸念される。この1年で本当に無事に作業は終わるのか。かつて…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |
社会

福島原発「驚愕の偽装現場」を潜入カメラマンが告発ルポ!(3)放射能を浴びた野生動物が出没

私が最後に帰還困難区域に入ったのは、この10月のことでした。あらためて感じたのは、被災地がますます殺伐としてきたことでした。家屋が朽ちかけ、田畑は荒れ放題でセイタカアワダチソウが生い茂っている。その一方で、サルやイノシシが繁殖している。南相…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |