菅原文太

芸能

追悼・菅原文太 “未公開肉声”ドキュメントから紐解く「反骨の役者人生」(3)“仁義なき戦い”の脚本に触発されて…

「仁義なき戦い」の映画化にあたっては、原手記者の美能幸三が最後まで難色を示して難航したのだが、どうにかその見通しが立ったとき、俊藤プロデューサーが監督として白羽の矢を立てたのが深作欣二だった。その直前、深作が文太とのコンビで撮った「現代や○…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , |
芸能

追悼・菅原文太 “未公開肉声”ドキュメントから紐解く「反骨の役者人生」(2)初週刊誌表紙に“喜んで買っちゃったさ”

菅原文太が初めて「仁義なき戦い」と出会ったのは、東京から京都へ向かう新幹線車中でのことだった。たまたま東京駅の売店で買い求めた週刊サンケイ(昭和47年=1972年=5月26日号)に、飯干晃一のドキュメント「仁義なき戦い」は載っていたのだ。文…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , |
芸能

追悼・菅原文太 “未公開肉声”ドキュメントから紐解く「反骨の役者人生」(1)監督と“感覚”が一致

クワッと目を見開いて、たとえ相手が親分だろうが、激情をぶつけまくる──。実録極道映画で見せた菅原文太の姿は、晩年に尽力した社会的活動の姿勢そのままだ。生前に残していた未公開肉声の封印を解きながら、「反骨役者人生」の真実に迫る!「何なんでしょ…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , |
芸能

高倉健と菅原文太 「心酔するのはどっちだ?」1000人アンケート結果!

“あなたは健さんと文太兄ィのどちらが、なぜ好きですか?”。北は北海道、南は沖縄まで、50歳以上の男性、約1000人を対象に、こんなふうに問う「究極の人気アンケート」を実施した。すると何とも意外な結果となったのだ。ともに、昭和映画界で「男が惚…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , |
芸能

アサ芸有名人が語る「高倉健と菅原文太」のココに惚れ込んだ!(3)

映画ジャーナリストの大高宏雄氏は「現代や○ざ 人斬り与太」での文太の演技を目の当たりにして衝撃を受けたという。「暴力団組織に盾つく愚連隊のチンピラ役でしたが、荒れまくるバイオレンスは『仁義なき戦い』以上。文太のものすごい魅力が出ていた。あの…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , |
芸能

アサ芸有名人が語る「高倉健と菅原文太」のココに惚れ込んだ!(2)

漫画家で映画監督でもある杉作J太郎氏と文太との出会いは75年に遡る。杉作氏は愛媛県出身で地元の進学校を中退したばかりだった。「進学校を退学して社会のレールから完全にハジき飛ばされ、疎外感のど真ん中にいました。ところが、その頃に見た『仁義なき…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , |
芸能

アサ芸有名人が語る「高倉健と菅原文太」のココに惚れ込んだ!(1)

「オレは高倉健派」「いや、菅原文太派だ」──。2大名優の立て続けの訃報にファンたちはそれぞれの思いを胸にしていることだろう。そこで、2人と接点もあり、アサヒ芸能ともなじみの深い「アサ芸有名人」たちに2人の魅力を徹底比較してもらった。作家の安…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , |
芸能

高倉健と菅原文太 極道現役幹部が“男の器量”度を徹底比較!(2)文太の演技に感じたのは“執念”

続いては、西日本のさる組織の幹部・B氏に登場いただこう。高倉健と菅原文太どちらの器量が上か、ストレートに聞いてみると、「当然、健さんや。ランクが違うで」とB氏も「健さん派」。「宮沢賢治の言葉に『自分のことを勘定に入れない』というのがある。健…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , |
芸能

高倉健と菅原文太 極道現役幹部が“男の器量”度を徹底比較!(1)健さんは精神的に“男”

極道映画で一世を風靡した2大俳優の急逝の衝撃がいまだ収まらない。高倉健が「耐え忍ぶ美徳」を演じれば、菅原文太は銀幕の中で飢えた狼のように暴れまくった。双方たまらなく魅力的だったが、どこか役柄を彷彿させる私生活の言動も含め、「男の器量」はどち…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , |
芸能

追悼・菅原文太 人生相談で答えていた「珠玉の名言」(3)物事を平等に見る視点

連載当時、誰もがバブルの崩壊を予見することができなかった90年。そうした中、文太はいち早く、日本の消費至上社会に苦言を呈していた。〈外車に乗りたいといったくだらん夢は捨てたほうがいい。パチンコ屋や不動産のオッサン、プロ野球選手や芸能人、極道…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , |
芸能

追悼・菅原文太 人生相談で答えていた「珠玉の名言」(2)男性読者に一貫してエールを送った

連載を通じて、文太兄ィは当時57歳の人生の先輩として、男性読者に対して一貫してエールを送り続けた。中でも出世に乗り遅れたサラリーマンや、社会のスピードになじめずにいる読者には、惜しみない温かい言葉をかけたものだった。〈日本人の悪い癖だな。何…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , |
芸能

追悼・菅原文太 人生相談で答えていた「珠玉の名言」(1)文太の本音満載だった連載

バブルの喧騒に沸く90年10月に連載開始。アサ芸読者の常識や戯言に冷や水を浴びせるような直言で人気を博したのが人生相談「たかだか人間!」だった。終了から20年以上が経過しても今なお色あせない「珠玉の名言」をお届けしよう。「菅原文太ですけん、…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , |
芸能

追悼・菅原文太 先輩だった高倉健との「本当の仲」(3)ケガをした健さんへの気遣い

文太と健さんとの本格的な共演は、実質的には「山口組三代目」(昭和48年8月、山下耕作監督)、「大脱獄」(昭和50年4月、石井輝男監督)、「神戸国際ギャング」(昭和50年10月、田中登監督)の3本。いずれも「仁義なき戦い」以降の作品で、文太が…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , |
芸能

追悼・菅原文太 先輩だった高倉健との「本当の仲」(2)2作目の主演作で健さんがゲスト出演

続いて文太の東映出演2作目となったのが、若山富三郎主演の新シリーズ第1弾「極道」(昭和43年3月、山下耕作監督)である。文太は若山の子分役を演じ、チョイ役から脇役にステップアップした。セリフがひと言もなく、ナイフ投げの名手という無気味な役ど…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , |