認知症

社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<隠れ脳梗塞>現れにくい症状で「血管性認知症」になる

自覚症状のない「隠れ脳梗塞」が増えている。脳ドックを受診した人の10~16%に認められ、高齢者や男性に多いという。「脳梗塞」は、脳の血管が詰まり、血液が行き渡らなくなった部分の脳細胞が死滅してしまうが、「隠れ脳梗塞」は、脳の中の極めて細い血…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |
社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<アルツハイマー型認知症>原因は「脳内のゴミ」40代から変化が…

高齢化社会で増加の一途をたどる認知症。その7割を占めるのが「アルツハイマー型認知症」だ。この「アルツハイマー型」は、「アミロイドβ(ベータ)」という物質が脳に一定量蓄積することで、脳の悪化の引き金となることが研究でわかっている。「アミロイド…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |
芸能

蛭子能収の“クズキャラ”は健在!番組に宛てた手紙で炸裂させた“ダメっぷり”

太川陽介との「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」(テレビ東京系)で“クズキャラぶり”を遺憾なく発揮してきた漫画家の蛭子能収。現在は老いと軽度の認知症のため、バス旅から引退したが、その“クズっぷり”は健在だったことが明らかになっていた。太川と蛭子…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
芸能

蛭子能収、「バス旅」はもう無理かも!?明らかになった心配な“症状”

太川陽介との名コンビが人気だった「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」(テレビ東京系)を引退後、軽度の認知症であると診断されたタレントの蛭子能収。10月1日放送の「主治医が見つかる診療所」(テレビ東京系)で、現在の状態が明らかになった。今回、「蛭…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , , |
芸能

蛭子能収 ネットニュースでも話題になった認知症の具体的な症状とは?

●ゲスト:蛭子能収(えびす・よしかず) 1947年、熊本県生まれ。73年、「月刊漫画ガロ」で漫画家デビュー。「劇団東京乾電池」の舞台出演を機に、その特異なキャラクターを生かし、多くのバラエティー番組やテレビドラマで活躍。2007年スタートの…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , , |
芸能

7年前に“兆候”?「軽度認知症」蛭子能収、バス旅で見せていた気になる場面

テレビの情報番組で軽度の認知症であると診断されたタレントの蛭子能収。その後、ツイッターでも認知症であることを報告。それでも毎日元気に過ごしており、認知症以外が健康体であると明かした。蛭子の体調は注目を集め、7月13日の「バイキング」(フジテ…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
芸能

蛭子能収“軽度の認知症”診断に「バス旅」ファンから「やっぱり!」の声

漫画家でタレントの蛭子能収が7月9日放送の「主治医が見つかる診療所2時間スペシャル」(テレビ東京系)に出演。軽度の認知症であると診断され、衝撃が走っている。蛭子は軽度ではあるものの認知機能障害があり、「レビー小体病」と「アルツハイマー」の合…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
芸能

板東英二、「水ダウスタッフにブチ切れ」に「本気で心配する声」噴出の理由

1月22日放送の「水曜日のダウンタウン」(TBS系)にVTR出演したタレントの板東英二にの「衝撃的な言動」が注目を集めている。板東が登場したのは「子供からもらった松ぼっくり、家まで持ち帰らざるを得ない説」。同番組が仕掛けたニセの野外ロケの現…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
エンタメ

認知症予防にも期待大! 健康麻雀ブームで麻雀人口がV字回復

麻雀が「健康麻雀」として新たなブームを迎えている。財団法人日本生産性本部の発行する「レジャー白書2019 余暇の現状と産業・市場の動向」によると、2011年の960万人から下降の一途をたどってきた麻雀の参加人口は、2016年に500万人まで…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , , , , , |
社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<せん妄>「認知症と間違える高齢者の病気とは」

会社員のCさんは、80歳の父親が急に荒っぽくなり周囲にどなり散らしたり、夜中にブツブツつぶやくことに悩んでいた。「認知症じゃないか」と心配になったCさんは父親を連れて、近くのクリニックを受診することに。医師「お父様が意味不明なことをつぶやい…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |
社会

インド人には「認知症が少ない」のはやっぱりアノ食べ物のお陰!?

インド人のアルツハイマー病の発症率は、アメリカ人の約4分の1だという。やはりというべきか、そのワケはカレーにあったようだ。昨年「アメリカ老年精神医学会誌」にある研究が公表された。それはクルクミンという成分に、記憶力を向上させたり、幸福感を増…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
事件

世間を震撼させた“凶悪殺人犯”と「獄中面会」(2)<筧千佐子>近畿・連続保険金青酸死

次々に高齢男性と結婚して毒殺し、多額の遺産などをせしめている60代の女が関西にいる──。「後妻業の女」こと筧千佐子被告(72)のそんな疑惑が表面化したのは、14年の春だった。捜査の結果、千佐子は4人の男性を青酸化合物で毒殺するなどしていたと…

カテゴリー: 事件 | タグ: , , , , |
社会

秋津壽男“どっち?”の健康学「視力の衰えが認知症など老化を加速。暗所やタブレットでの読書は要注意」

秋は読書の季節とも言われます。夜中の平均気温は20度ほどで、集中して読書ができる時期です。では、ここで問題です。「暗いところで本を読むと目に悪い」と言われますが、これは本当でしょうか、単なる俗信でしょうか。数年前まで、この説を俗信とする人も…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |
社会

スマホ全盛の今こそアナログで元気回復-ペンを取れば認知症予防になる!

手紙のやりとりをしなくなって久しい、という方は多いのでは。中には礼状も年賀状もメールで済ますという人もいるかもしれない。しかし、1日数分でもペンをとろう。脳を刺激し将来の認知症封じにもつながるのだ。ロングセラーになっている「できる人の話し方…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |