認知症

社会

「睡眠負債」で糖尿病・認知症・心筋梗塞になる(2)朝日を浴びて負債を解消

脳へのダメージだけではない。睡眠負債には、血圧や血糖レベルを高め、心筋梗塞を招く高血圧や糖尿病といった生活習慣病の罹患リスクを高める危険があるほか、ガンのリスクを高める可能性もあるという。説明してくれるのはガン専門医として知られる健康増進ク…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |
社会

「睡眠負債」で糖尿病・認知症・心筋梗塞になる(1)睡眠不足で認知症の危険も

いよいよ梅雨の季節がやってきた。ジメジメしてなかなか寝つけずに、夜中に何度も目が覚めて眠った気がしない。そんな寝不足の状態が慢性的に続くと「睡眠負債」が積み重なって、ガンや認知症などの発症リスクが増大するという。傾向と対策を専門家に聞いた。…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |
社会

「葉酸」摂取で認知症や脳梗塞の予防、そして育毛まで期待できる!

二度にわたる脳梗塞発症を経て急性心不全で西城秀樹さんが、そしてアルツハイマー型認知症で朝丘雪路さんが亡くなるという悲報が相次いだが、今、植物の葉に多く含まれている葉酸に今注目が集まっている。まず、認知症の予防から育毛にまで効果があるというの…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
芸能

「認知症」が死因?朝丘雪路さんの死でわかった事実とは?

女優の朝丘雪路さんが4月27日に亡くなっていたことがわかり、関係者の朝丘さんを悼む声が次々報じられている。このニュースの中で、違和感を覚えた部分を見つけた人が少なからず現れ、ネット上でザワついているという。「朝丘さんの死因がアルツハイマー型…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
社会

認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
芸能

「総理の名前もド忘れ」…蛭子能収に「認知障害」の懸念

人気漫画家にして唯一無二のユニークなキャラクターを持つ蛭子能収。太川陽介とのコンビで話題を呼んだ「ローカル路線乗り継ぎバスの旅」(テレビ東京系)は、10年続く大人気シリーズで最高視聴率は15.3%を記録したものだ。そんな「蛭子さん」に先日、…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
社会

中高年を襲う「定年認知症」5つの危ない前兆(3)昔のプライドが邪魔をする

早期発見して切除すればリスクが回避される可能性もあるガンなどの病気と違い、認知症は始まってしまえば決定的な治療方法がない。ただ、認知症の遺伝子を持っていても外的要因によるダメージがなければ発病しないケースもあるという。だから、まずはスイッチ…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

中高年を襲う「定年認知症」5つの危ない前兆(2)体内時計のズレがスイッチに

とはいえ、記憶面だけでなく情緒面から衰えていく場合や、症状や進行具合が個々で異なるため、認知症を早期発見するのは難しい。「死ぬまで家族に迷惑をかけないために今すぐ知っておきたいボケない技術」(かんき出版)の著者で米山医院院長の米山公啓氏は、…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

中高年を襲う「定年認知症」5つの危ない前兆(1)「俺を殺す気か!」と大声で…

4月下旬、世界各国から認知症患者とその家族、専門家らによる「第32回国際アルツハイマー病協会国際会議」が京都で開催された。2025年には65歳以上の5人に1人、約700万人が認知症になる時代が到来すると言われる。その大きなきっかけとして「定…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

あん肝、いくらが認知症予防になる?米国で興味深い報告が!

65歳以上の3人に1人が認知症とその予備軍と言われている(2015年1月、厚生労働省発表)。その予防として、あん肝やいくらに注目が集まっているという。江田クリニック・江田正院長が解説する。「いろいろな原因で脳の細胞が死んでしまったり、働きが…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

「歯みがき」こそもっとも簡単な超絶健康法だった!(3)自分の口臭はこうしてわかる

日本人の平均年齢は1960年の28.5歳から、2010年で44.6歳となった。「国立社会保障・人口問題研究所」の平均年齢推移では、2036年にはついに50歳を超えることが予想されている。高齢化社会はしばらく続くことは確実で、問題になるのは「…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |
社会

秋津壽男“どっち?”の健康学「認知症予防には手作業が効果アリ。クイズや新聞の投書でも活性化!」

「同居の母親に認知症の傾向が出てきました。3人の孫のうち2人の名前を忘れてしまったり、同じ話を何度も繰り返したりします。今はまだ元気ですが、80歳を超えており心配でなりません。認知症を予防したいのですが、いい方法がありましたらご教授ください…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

秋津壽男“どっち?”の健康学「認知症予防に有効なトレーニング。報酬期待が高まると脳は活性化する」

先日、元宮崎県知事の東国原英夫さんがテレビで母親の介護の実態を話していました。88歳のお母さんが認知症になり、「介護されるなら死んだほうがましだ」と叫びながら暴れる母の手足を縛ったこともある、と告白していました。58歳になる東国原英夫さんが…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

秋津壽男“どっち?”の健康学「“モノが覚えられない”は認知症と関連なし。不要な情報は「断捨離」でリフレッシュせよ」

皆さんは老いを感じる瞬間はどんな時でしょうか? 例えば、これまでスタスタと上がっていた階段で息切れした時や、尿のキレが悪くなった時など、体の衰えや異変から年齢を意識する人は多いでしょう。その一方で「昨日のランチは何食べたっけなあ」とモノ忘れ…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
123