芸能

女優・大原麗子の情念、救いを差し伸べた最愛の男

 麗子の映画での代表作である「セカンド・ラブ」(83年、東映)を筆頭に、激しい濡れ場は決して少なくない。ただし、生涯にわたって「全裸」になったことは1度もなかった。

 麗子の弟である大原政光は、その理由を姉に問うたことがある。

「私が恥ずかしくない胸だったら出すわよ。でも‥‥見せられるものではないから」

 おどけたように言ったが、やはりコンプレックスは感じていたようだ。

 さらに、女優生命を窮地に追いやったのが、99 年に起きた「整形事件」だったと政光は言う。

「もともと姉は片二重であることを気にしていましたが、突発的に左のまぶたを手術したんですよ」

 麗子ほどの女優が高名な美容整形ではなく「安上がりの整形外科」で切った。運悪く雑菌が入ってしまい、別人のようにまぶたが腫れてしまった‥‥。

 このため、決まっていた映画の撮影に入ることができず、女優としてのブランクを作ってしまう。

 また前年には原田美枝子主演の「愛を乞うひと」が公開され、日本アカデミー賞・最優秀主演女優賞を獲得する高い評価を受けた。母親から折檻を受け続けたヒロインが「家族の絆」を訴える作品だが、もともとは麗子が原作に感銘を受け、映画化に奔走していたのである。

 麗子自身も幼い頃から父親に暴力をふるわれ、絶縁の形をとった。こうした思いから熱望した映画化であったが、すでに“時代”は麗子を必要としなくなっていたのである。

 女優・大原麗子の年譜の最後に置かれたのは、元夫であり、生涯を通じて最愛の男であった渡瀬恒彦の「十津川警部シリーズ」だった。

 政光は、渡瀬からのオファーで実現したと明かす。

「仕事も減っていた姉を気遣ってくれたんだと思います。姉は常々、渡瀬さんとは『嫌いで別れたわけじゃない』と言っていましたから、喜んでいました」

 撮影も順調に終わったが、オンエアを見て麗子の表情が変わった。実際の年齢は渡瀬が2つ上だが、役者として絶頂期にある渡瀬と、過去の人になっていた麗子では残酷なまでに輝きが違った。

「私のほうが老けて見える。悔しい!」

 以来、2度と麗子が映像に戻ることはなかった。

 やがて浅丘ルリ子だけでなく、プロデューサー・石井ふく子や、芸能レポーター・前田忠明らが「一方的な長電話」の標的となり、さらに孤立を深めてゆく。

 政光が最後に姉と会ったのは、亡くなる1カ月ほど前のこと。政光の自宅を訪れ、近く海外に行きたいと口にしたが、実現しないままに世を去っている。それでも──、

「姉はいつの日か自分の生涯を自分で演じる夢を持っていた。残念ながら『主演』はかなわなかったが、こうしてドラマ化されたことは喜んでいるでしょう」

 これから1年、2年と時を重ねるたび、俺たちは「大原麗子の不在」を感じるのであろうか──。

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    忘年会シーズンに糖質制限なんて無理!酵素のチカラで炭水化物も怖くない!?

    Sponsored
    91454

    男30代40代の働き盛り。当然、昼も夜も栄養バランスを考えた食事なんてなかなかできず、酒の付き合いも多い。そのため食生活は極めて不規則だ。話題の糖質オフやグルテンフリーはどこ吹く風で、とりあえず、日本人ならお米だろ!と、エネルギーを蓄えて毎…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    少しのお酒で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    年末年始の飲み会が増えるこの時期、「少しお酒を飲んだだけでも顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバー…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    秋津壽男“どっち?”の健康学「アルコール摂取で引き起こす病気とは?内臓だけではなく脳や心臓にも負担」

    93890

    早いもので、今年も残すところ約1カ月となりました。12月は忘年会など、1年で最もお酒を飲む機会が多くなります。上手に飲めばよき潤滑油となるお酒ですが、調子に乗って飲みすぎると二日酔いになったり、会社の同僚や上司に部下、あるいは取引先の相手な…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
スクープ!親友ホステスが激白「飯島愛を殺した」私!(1)「秘密をバラすと脅した」と・・・
2
滝沢カレン、ついに激写された「大谷翔平似」年上カレ氏との“2年愛”
3
スクープ!親友ホステスが激白「飯島愛を殺した」私!(4) 死の直前の「痩せていた腕」
4
スクープ!親友ホステスが激白「飯島愛を殺した」私!(2) 「AVに出たら友達やめる?」
5
スクープ!親友ホステスが激白「飯島愛を殺した」私!(3) 自伝本に「ウソ」を書かれて