芸能

松本潤の二股相手が嵐ファンの“メキシコマフィア並み”な追撃力に怯える日々

20170213matsumoto

 昨年末、嵐の松本潤と交際が報じられた艶系女優の葵つかさがいまだに嵐ファンからの口撃に悩まされている。

 松本は井上真央と結婚間近の真剣交際中、井上と会えない日々の寂しさを埋めるために葵との逢瀬を重ねていたようだが、嵐ファンの辞書に“ケンカ両成敗”という文字はないようだ。

「スキャンダルが報じられた直後、葵はメンタル的にかなり追い込まれた状態だったようで、開催予定だったイベントは中止となりました。その後、1月17日にツイッターを再開させたものの、2週間後の2月1日には『何を言われてもスルーしようと決めていたけど、何を呟いても憶測でずっと叩いてくる人がまだまだいるのが現状で、私がツイッターをやめたらそういう人達はスッキリするのだろうか…』と、やはり嵐ファンからの攻撃が鎮まっていないことを暗に報告。結果、ツイッターを削除する運びとなりました。葵は『言葉って毎日見てると、気にしないようにしてても、頭のどこかに残っていくんですね』と話していましたが、バッシングが止まないムードを感じながら毎日を過ごすというのは、予想以上に葵を苦しめていたようですね」(エンタメ誌ライター)

 むろん、嵐ファンが全員厄介なファンであるわけがないが、国内アイドルの中でもトップクラスのファン数を抱えるだけに、メンバーの女性問題に敏感なファン多い。

「過去には歌番組のパフォーマンス中、近付いてきたメンバーに触れた女性ファンが熱狂的ファンたちに身元を特定されて炎上、ツイッターを削除する羽目になったこともありました。被害者のファンはツイッター削除後も『嵐ファンが突撃してくるのでは?』という恐怖におののいていたそうです。まるで、組織に損害を与えた人間を孤独死するまで追い詰めるメキシコの薬物マフィアのようですね。しかし、パフォーマンス中のそんなハプニング程度でそこまでになるのですから、葵もツイッターを削除した程度では安心できないでしょう」(前出・エンタメ誌ライター)

 ともあれ、まずはファンとの通信ルートを断つというのは賢明な判断だろう。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    溶解~抗菌~浸透~鎮痒のプロセスで白癬菌を退治!「水虫」の正しい治し方

    Sponsored
    86516

    「あれっ、なんだか足がかゆい」こんな症状に覚えはありませんか? 我慢できないほどのかゆみがなくても、もしかしてそれは「水虫」かもしれません。水虫は、白癬(はくせん)菌という真菌(カビ菌)が、皮膚、角質、爪などのケラチンを栄養源に繁殖して起こ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    実写映画化で話題沸騰! 『ジョジョの奇妙な冒険 第4部~PART4 ダイヤモンドは砕けない~』のコミック版が無料試し読みに登場

    Sponsored
    85664

    最近は、新聞も雑誌もコミックもスマホで!なんて話をよく聞きます。デジタルをスマートに使いこなすサマは、かっこいい「大人」って感じですよね。でも、紙の雑誌で育った世代にとっては、まだ未体験という人も多いのでは。そんな人にオススメしたいのが、電…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の怒りに触れた説も…「しくじり先生」打ち切り宣告のシリアス現場!
2
乃木坂46白石麻衣、仲良しプリクラ写真が逆説的に物語る「異次元の可愛さ」!
3
上原多香子 夫の自殺に親友が姿を見せない本当の理由
4
座ったまま合体!有村架純、松本潤との超過激ベッドシーンに映画関係者も大興奮
5
「24時間テレビ」で富士登山にチャレンジした麻痺少年の“虐待デマ映像”が拡散