特集

元ボクシング世界王者・竹原慎二「ガン誤診で余命1年」からの完全復活

Sponsored

 余命1年。医師から非情な宣告を受けながら、3年半が経過した今、「完全復活」ともいえる生活を送る──。

 元ボクシング世界王者、竹原慎二氏(45)は現役引退後、ジム経営のかたわら、タレント活動を続けている。

 竹原氏をあまりにも突然の出来事が襲ったのは、14年2月。医師に「膀胱ガン」と診断されたのだ。竹原氏が振り返る。

「実はその1年ほど前から頻尿が気になっていて、長年つき合いのあるホームドクターのA先生に診てもらっていたんです。A先生には膀胱炎と言われてしばらく抗生物質を飲んだけど、治らない。再診してもらうと、今度は前立腺炎と前立腺肥大だと言われて薬を処方された。ところがその年(13年)の大晦日の晩、血尿が出て便器が真っ赤に染まったんです。ビックリしてA先生に電話をすると、知り合いのB先生がいる総合病院の泌尿器科を紹介された。そこで初めて尿細胞診(尿中の細胞を鏡検し、悪性の細胞の有無を調べる検査)をやりました。その時はB先生から漢方薬をもらって帰ったのですが、1カ月後の2月2日にまた大量の血尿が出て、B先生を訪ねた。すると前回やった尿細胞診の結果を見ながら『よく調べたらクラスVって数値が出てるね~』と、そこで初めて検査結果を見たかのような口ぶりで、僕に『ガンだね』と告げたんです」

 まさにガンが見落とされていたのだった。

 竹原氏はその後、セカンドオピニオン、サードオピニオン、フォースオピニオンと、別の医師の診断を仰ぐ。その際、告げられたのが「このまま何もしなければ最悪1年」。そしてリンパ節への転移も見つかった。ステージ4、5年生存率は25%。結局、竹原氏は膀胱全摘手術を受けることになったのだが──。

「誤診」によって死の恐怖と向き合った元世界王者。8月22日発売の「週刊アサヒ芸能」で、さらなる闘病生活とガン患者としての人生観を激白しているので、ぜひ一読してみていただきたい。

Sponsored by 株式会社徳間書店

カテゴリー: 特集   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
出演作をコケさせガール!?水原希子ムービーが「観客10人」の大惨事!
2
安室奈美恵を引退に至らしめた6年前の「カネがらみトラブル」!
3
吉良吉影が見られない!?山崎賢人「ジョジョ」映画版が大コケで続編は絶望的!
4
乃木坂46白石麻衣の「倹約」告白にファンが再びザワつき始めた理由!
5
嵐・二宮和也が明かした自分に一生付いて回る「根深い悩み」とは?