特集

元ボクシング世界王者・竹原慎二「ガン誤診で余命1年」からの完全復活

Sponsored

 余命1年。医師から非情な宣告を受けながら、3年半が経過した今、「完全復活」ともいえる生活を送る──。

 元ボクシング世界王者、竹原慎二氏(45)は現役引退後、ジム経営のかたわら、タレント活動を続けている。

 竹原氏をあまりにも突然の出来事が襲ったのは、14年2月。医師に「膀胱ガン」と診断されたのだ。竹原氏が振り返る。

「実はその1年ほど前から頻尿が気になっていて、長年つき合いのあるホームドクターのA先生に診てもらっていたんです。A先生には膀胱炎と言われてしばらく抗生物質を飲んだけど、治らない。再診してもらうと、今度は前立腺炎と前立腺肥大だと言われて薬を処方された。ところがその年(13年)の大晦日の晩、血尿が出て便器が真っ赤に染まったんです。ビックリしてA先生に電話をすると、知り合いのB先生がいる総合病院の泌尿器科を紹介された。そこで初めて尿細胞診(尿中の細胞を鏡検し、悪性の細胞の有無を調べる検査)をやりました。その時はB先生から漢方薬をもらって帰ったのですが、1カ月後の2月2日にまた大量の血尿が出て、B先生を訪ねた。すると前回やった尿細胞診の結果を見ながら『よく調べたらクラスVって数値が出てるね~』と、そこで初めて検査結果を見たかのような口ぶりで、僕に『ガンだね』と告げたんです」

 まさにガンが見落とされていたのだった。

 竹原氏はその後、セカンドオピニオン、サードオピニオン、フォースオピニオンと、別の医師の診断を仰ぐ。その際、告げられたのが「このまま何もしなければ最悪1年」。そしてリンパ節への転移も見つかった。ステージ4、5年生存率は25%。結局、竹原氏は膀胱全摘手術を受けることになったのだが──。

「誤診」によって死の恐怖と向き合った元世界王者。8月22日発売の「週刊アサヒ芸能」で、さらなる闘病生活とガン患者としての人生観を激白しているので、ぜひ一読してみていただきたい。

Sponsored by 株式会社徳間書店

カテゴリー: 特集   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    寒い屋外からオフィスに戻ると頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    98132

    厳しい寒さが続き、屋外と室内の温度差が激しいと、「顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバーしたり、さ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    モデルや芸能人も愛用!管理栄養士が監修するダイエット方法「スルスルこうそ」の実力とは?

    Sponsored
    91454

    ダイエットをする人にとって、その理由はそれぞれ。でも、いざ始めてみると、一筋縄ではいかないのがダイエットというものですよね。簡単に痩せることができたら苦労しません。失敗する人は何をしたってうまくいかず、負の連鎖を繰り返すことになってしまいま…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    少しのお酒で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    年末年始の飲み会が増えるこの時期、「少しお酒を飲んだだけでも顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバー…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
有賀さつき「52歳ガン死」までの過酷闘病(1)病名が伏せられていた理由は?
2
有森也実「99.9」ゲスト登場に視聴者が「これ誰?」と一斉にキョトン!
3
櫻井翔キャスター、平昌入りで現地日本選手団スタッフに最警戒されるワケ
4
嵐・大野智、関ジャニ村上とは違う意味で原宿女子に評価された「お笑い力」
5
競馬界 新3大「遺恨対立」の叩き合い攻防!(1)蛯名正義×M・デムーロ