芸能

天才テリー伊藤対談「小松政夫」(1)高給取りから一転植木等の付き人に

●ゲスト:小松政夫(こまつ・まさお) 1942年、福岡県生まれ。自動車のセールスマン時代に、雑誌で植木等の付き人募集広告を見つけて応募。約600人の中から選ばれ、64年、植木等の付き人兼運転手となる。役者志望だったことを知ったクレージーキャッツの後押しもあり、「シャボン玉ホリデー」(日本テレビ系)に出演、人気者に。以降、伊東四朗とのコンビで「笑って!笑って!!60分」(TBS系)、「みごろ! たべごろ! 笑いごろ!!」(NET)などの番組で70年代のバラエティ界をリード。「しらけ鳥音頭」など数々のヒット曲やギャグを生み出す。同時に活動の場をドラマ・映画・舞台にも広げ、俳優としても活躍。シリアスからコメディまで幅広くこなせるバイプレーヤーとして欠かせない存在となる。近著に「時代とフザケた男~エノケンからAKB48までを笑わせ続ける喜劇人」(扶桑社)、「昭和と師弟愛 植木等と歩いた43年」(KADOKAWA)などがある。4月22日(日)、福岡県・パピヨン24ガスホールにて舞台「帰ってきたマサ坊演芸会」公演予定。

 淀川長治のモノマネや「小松の親分さん」などのギャグで一世を風靡したコメディアン・小松政夫。最近では付き人時代を描いたドラマがNHKで放送されたこともあって、師匠・植木等との思い出を語る機会が増えている。天才テリーも、その強い絆の物語に耳を傾けた!

テリー あれ、スーツなんて珍しいじゃないですか。

小松 いやいや、テリーさんがおしゃれだから、負けないようにと思って。

テリー アハハハ、何言ってるんですか。

小松 ほんとはラフなスタイルが好きなんだけど、みんなに「いい年の取り方しましたね」なんておだてられちゃって、「じゃあ、それにふさわしい格好もしたほうがいいのかな」と。もう私も76歳ですから。

テリー はー、でも昔と全然変わらないですよ、実感ないでしょう?

小松 そうなんですよ。私の師匠の植木等が亡くなったのがちょうど80で、だいぶその年齢に近づいてきたんですけどね。

テリー 植木さんが亡くなられてもう10年たつんですね。植木さんは、いくつぐらいまでお元気だったんですか?

小松 亡くなる5年前までは、芝居をやっていましたね。私はその芝居につきっきりでしたけど、その時にもだいぶ具合は悪くて、もう普通に座ってるのも大変そうでしたけどね。

テリー 小松さんも自分のお仕事があるのに、大変じゃないですか。やはり「自分がついてなきゃダメだ」と思ったんですか?

小松 というより、ついていたかったんですね。もう階段の上り下りも難しくて、しんどそうでしたから。だから舞台が始まる5分前の合図のベルも「(舞台へ上がるのに時間がかかるから)10分前にしてくれ」と舞台監督さんに頼んだりしました。

テリー まさに師弟愛ですね。おふたりの強い絆といえば、何度も本になったり、ドラマ化されたりするほど有名ですけど、あらためて植木さんのところへ行くことになった経緯を教えていただけますか?

小松 私はそれまで車のセールスマンをしていて、月給は150万円ぐらいあったんです。昭和37~38年頃で、ラーメン1杯40円の時代だから、すごいでしょう?(笑)。

テリー 本当にすごい、エリート中のエリートじゃないですか。

小松 そういう生活を捨てて、ある日、植木の付き人兼運転手募集の広告を見て、面接に行ったわけです。言うなれば弟子入りだから、こちらは「ちょっと踊って見せてみろ」とか、簡単な模擬テストみたいなものがあると思うわけですよ。

テリー 思いますよね。

小松 でも、そんなのは全然なくて。本当に車の運転手が欲しかっただけなんです。そこへいくと、私はもう21歳の社会人だから。

テリー ああ、もう社会に出ているから、ちゃんとした対応ができるわけですね。

小松 他はラフな格好の若者ばかりで、こっちの見栄えはいちばんいいわけです。たぶん、それだけでOKになっちゃったんだと思いますよ。だから、あとで植木からは「おまえが役者志望だとは思わなかったよ」って言われたんですよ、私は、初めからそのつもりだったのに(笑)。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
水原一平が訴追されて大谷翔平の「次なる問題」は真美子夫人の「語学力アップ」
2
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
3
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】
4
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
5
「失策王&打率2割以下」阪神・佐藤輝明に持ち上がる「外野へ再コンバート」の劇薬