芸能

有吉弘行が藤田ニコルに闘争心ムキ出しで“宣戦布告”した案件とは?

 お笑い芸人の有吉弘行が自身のツイッターでバトルを展開している。そもそもの発端は、去る4月30日に更新された藤田ニコルのツイッター。「また食べてきたよ。放送お楽しみに」というつぶやきとともに、おすまし顔の口に芋虫をイラストで描いた写真をアップした。有吉はこれに反応。5月1日、「負けたくない。俺だっていっぱい虫を喰えると、しらしめたい!負けたくない!」と応戦。すると藤田は「私は切実にまたロケ一緒に行くのが目標ですよ」とクールに返した。すると有吉はすぐさま、「やりましょう。虫喰いたい!藤田さんに負けたくない!喰って吐いて、飲み込んで、やっぱりすごいなおじさんは、と尊敬されたい!」と受けて立つことを表明した。

 この熱いバトル、いったい何なのか?テレビ誌記者が答える。

「有吉は冠バラエティー番組『有吉のダレトク!』(フジテレビ系)でMCを務めてます。藤田は、番組でゲテモノ料理にチャレンジする『キモうまグルメ』リポーターとして出演中ですが、好奇心旺盛で、人生やったもん勝ちをモットーにしており、どんな仕事も引き受けると決めていることから、大抵のものは平気な顔で口にしています。見た目のキモいものは一瞬イヤがる素振りを見せるものの、一口食べておいしかったものは、ニコニコ顔でパクつく食べっぷりの良さが好評なんです。4月10日放送回では栗農園に出かけ、シロスジカミキリの幼虫を生で爆食い。“昆虫界の大トロ”の異名を持つ珍味を大絶賛、完食していました。有吉も捨て身で笑いを取りに行く藤田に芸人魂を大いに刺激されたのかもしれません」

 有吉のつぶやきには、290件のリツイートと4948件のいいね!がついた。が、寄せられた意見は真っ二つ。「またお願いします!めちゃくちゃ笑いました」や「そうだそうだ!!有吉さんもにこるんのとなりで笑顔で虫食べてほしい」といった、有吉参加を期待する声の一方で、「やめとこうよ~もうしなくてもいいでしょ」「テレ朝のナスDのイモ虫の食べっぷりみたあとは、オッサンが食べても、インパクト薄いな~」と、引き留める意見も続出したのだ。

 一方、有吉と藤田の共演には「有吉さんとにこるんのコラボ大好き!」「わー!ふたりのロケみたい。一緒に行ってほしい」「2人大好きだよ!!久々の絡み」といったように、賛成が圧倒的だった。昨年7月の放送回で、有吉はアンガールズ・田中と沖縄ロケに出かけ、「キモうまグルメ」コーナーに出演。臭さ満点のナナホシカメムシを食べていた。藤田の放送回は5月8日以降になる。有吉、はたして参戦なるか?

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談
3
「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」への対抗失敗…フジテレビ情報番組「全国ネット化」を阻む悩ましい問題
4
開幕ローテが近づく中日・根尾昴に「芸能人じゃないんだから!」ツッコミが入る理由
5
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱